2PMが日本の最高スターたちと並んだ-各種チャートを独占

2PMが六番目の日本シングル’GIVE ME LOVE “で日本週間チャートをさらった。

今週発表されたタワーレコード週間チャートで1位2PM、2位嵐、3位AKB48と2PMが1位を占めており、オリコン週間チャートでは、1位嵐、2位2PM、3位AKB48でオリコン週間チャート2位に上がった2PMの成績が発表された。


それだけでなく、タワーレコード週間販売チャートの4位に2PMの韓国アルバムGROWNが上がり、HMV日刊チャートには、アジア総合音楽ランキングに韓国アルバムが2位を記録するなど、日本のシングルはもちろん、韓国アルバムでも、現地の著名な歌手たちと肩を並べて人気を集めている2PMの人気を十分に週間販売チャートを独占する底力を確認させた。

2pm-130606


タワーレコード週間1位、オリコン週間2位を記録し、爆発的な愛を受けているGIVE ME LOVEは2PMの強烈でも節制された男性美を感じることができるダンス曲で、去る4月19日から放送された日本のTBSの人気金曜ドラマ”TAKE FIVE”のメインテーマソングとして採用され、大きな話題を集めた。

また、カップリング曲”Falling in love”は、メンバージュンケイの自作曲で、着信音サービス公開直後レコチョクチャート1位を占めており、タイトル曲に劣らない熱い人気と関心を集めている。

2PMは”日間チャートに続き、週間チャートでも良い成績をおさめることになってとても嬉しい。このすべてはファンの方々の愛と関心のおかげ”と言いながら”もっと素敵なステージと活動に大きな愛に報いる。感謝する”と付け加えた。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ