B.A.Pが日本デビューするやすぐにアリーナツアー「破格のK-POPグループ」

‘グローバルスーパールーキー’ BAP(ビーエーピー)が日本でデビューするやいなやアリーナツアーという破格的な歩みをみせた。


三番目のミニアルバムのタイトル曲”Badman ‘に国内外の音楽チャート上位圏を占めて人気を誇示しているBAPが来る10月初シングルアルバム’WORRIOR(戦士) “を発表して本格的な日本進出に繰り出し、さらにアリーナツアーを開催すると明らかにした。

bap-130828


BAPの所属事務所TSエンターテイメントは、11月19日と20日の神戸を皮切りに、11月27日と28日名古屋、12月4日と5日の東京までの3つの都市、6回のアリーナツアーのスケジュールを明らかにしてスケールは、もちろん、音楽的にも差別化された”BAPスタイル”を日本のファンにも披露すること抱負を明らかにした。

デビューとアリーナツアーを進行することは非常に破格的で異常な動きとして、日本でのBAPの熱い関心を立証した結果とすることができる。

特にK-POPグループとしては初めて正式デビューと同時にアリーナツアーを確定浮かべ次世代K-popリーダー’の面貌を誇示した。

すでに6月、パシフィックツアー”BAP LIVE ON EARTH JAPAN”を通じて日本の舞台に立ったBAPは、正式デビューをしていない状況にも関わらず、チケットが始まるやいなや前売りサイトの同時接続者が大挙して押し寄せサーバーがダウンして、チケットオープン当日に全席完売させるという気炎を吐いて追加公演を進行するなど爆発的な反応を導き出して注目を集めている。


一方、BAPは、米国の4カ国とアジア5カ国を網羅するパシフィックツアーを成功的に終えて”Badman ‘で国内活動に拍車をかけている。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ