B.A.Pが日本へ進出「戦士(WORRIOR)」雨の中のパフォーマンスは圧巻

BAPが正式日本デビューを控えて、最初のシングル’WORRIOR’(戦士)のティーザー映像とジャケット画像を公開した。

来る10月に日本デビューシングルアルバム発表と一緒にアリーナツアーの日程を確定する異例の動きに注目を集めたBAPは、9月5日ティーザー映像とアルバムのジャケット画像を公開して本格的な日本進出の信号弾を撃った。


これは韓国でのデビュー曲でもあった”Worrior”を日本語バージョンで新しく披露してもう一度新たな出発を予告したものだ。

bap-130906


BAPはティーザー映像を通じてさらに強烈な目つきと爆発的なパワーのパフォーマンスを披露した。

底に水が溜まった舞台の上で降る雨にそのまま打たれながら踊るBAPは、特有のエネルギーあふれる振り付けと水がかかる効果によって、さらに劇的であり、ダイナミックな感じを醸し出して期待感を高めた。

それだけでなく、五人のメンバーが末っ子ゼロを囲んで引き金を引くパフォーマンスと、それを迎えて倒れるセロの姿が入れられたエンディングのインパクトは圧巻である。

また、アルバムジャケットの画像では、BAP六人のメンバーが各自の個性を生かしたデザインのデニム素材の衣装を着ている。

これらはカラフルなスタッド装飾やペイントが入った衣装デザインで韓国とはまた別の強烈なイメージを刻印させて”戦士”たちの華麗な帰還を宣言した。

すでにパシフィックツアー”BAP LIVE ON EARTH JAPAN”でチケット前売りサイトのサーバーダウンはもちろん、チケットオープン当日全席売り切れを記録するなど熱い関心を集めてきたBAPの本格的な日本進出の歩み日本のK-popファンはもちろん、国内ファンも目と耳を集中させている。


一方、BAPは日本正式デビューと一緒に神戸、名古屋、東京の3都市、合計6回のアリーナツアーの日程を消化して独自の”BAPスタイル’で新しいK-popアイコンの地位を固めていく予定である。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ