B.A.PがアメリカiTunesに続きビルボードワールドアルバムチャートでも1位

最初の正規アルバム「First Sensibility(ファーストセンサビリティ)」でカムバックしたグループBAP(ビーエーピー)が、再び世界の耳目を集中させ、特別な存在感を現わした。

BAPは2月22日に発表された米国ビルボードワールドアルバムチャート(Billboard World Albums Chart)で1位に上がった。


ビルボードワールドアルバムチャートは、米国以外の地域で発売され、通常、英語以外の言語で歌唱された曲たちを対象にしたチャートだ。

bap-140214-01 bap-140214-02



すでにBAPは、昨年発表した二番目のミニアルバム’ONE SHOT(ワンショット)と三番目のミニアルバム「BADMAN」の両方で、チャートで1位を占めている。

成熟した男の雰囲気と魅力的なギター·サウンド、そして、まだパワフルなパフォーマンスのカムバック申告式では、ポータルサイトのリアルタイム検索語を熱くしたBAPは、今回のアルバムで大々的な変身を試みてきたBAPは、10代はもちろん20,30代の女心まで揺るがした。

ダンディーさとセクシーさをアピールし、新たな女心の攻略ターミネーター、上半期最高のボーイズグループに登板した彼らのアルバムの新曲で一層アップグレードされた舞台を予告して来る3月8日と9日に予定され単独コンサート「BAP LIVE ON EARTH SEOUL 2014」でもその期待と熱気を続けてきた。

このような期待に応えるかのようにBAPの初の正規アルバム「First Sensibility」は、発売と同時に「iTunesのトップ100アルバムチャート(iTunes Top 100 Album Chart)」に44位に入ったに続き、「iTunesストアのトップ10ヒップホップアルバムチャート(iTunes Store Top 10 Hip-Hop Albums Chart)」でも、合計9カ国のグラフに名前をあげて有名な世界的なミュージシャンたちとの競争を繰り広げて国際的地位を高めた。

これにより、BAPは、iTunesに続き、ビルボードでも際立つ成果をおさめて国境を越えた突風を立証した。

先立ってBAPは去る2月12日MBC MUSICの音楽チャート番組「ショー!チャンピオン」でタイトル曲’1004(Angel)」でチャンピオンソングで登板し、初の1位を占めた。

それだけでなく、ガオンチャートK-popアワードで今年の発見賞-ワールドルーキー賞を同時受賞した二重の慶事を迎えた。

この勢いをハントアルバムチャートやガオンソーシャルチャート1位を席巻して上を向いた疾走を広げているBAPの歩みに帰趨が集中している。


一方、BAPはバレンタインデーである2月14日に公式ファンカフェを通じて特別なビデオを公開した。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ