ビーストが’I’m Sorry’を発表「得意のバラードマジックをもう一度」

ビーストが第二のタイトル曲を発表する。

7月にカムバックを控えたビーストは、来る6月15日の夜、第二のタイトル曲’I’m Sorry’を公開する。


ビーストの’I’m Sorry’は、以前にチャートをさらった”大丈夫かい” ​​に続きバラードとして仕上がっていて期待を集めている。

15日午後、ファンのために準備した特別舞台で初めてデビューした後、当日の夜にオンライン音源サイトを通じて音源を公開する。

beast-130612


このため、ビーストの’I’m Sorry’の初舞台は、15日午後8時江南床公園で開かれるビーストカムバックティーザーイベント”ビューティー集まれプロジェクト”で初公開される。

ビーストは、映像や画像などの曲を初公開するよりも、ファンのための舞台で初めて歌を披露してステージ上の親密な関係を築くことで優れたアーティストとしてのメリットを最大化すると見られる。

ビーストの叙情性を存分に感じることができる’I’m Sorry’はヨン·ジュンヒョンとキム・テジュの合作品で別れた後、良くしてあげられなかった惜しさと懐かしさを率直に描いた歌詞が心に響く曲だ。

前半部で印象的なアコースティックギターの伴奏は、最後の日に戻したい別れた人の心をかすかに表現した。

先立ってビーストは5月29日に発売された最初のタイトル曲’大丈夫かい’で国内音源チャートをオールキルする底力を誇示した。

放送活動専務も週間チャート1位はもちろん、地上波音楽プログラム1位まで獲得した。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ