ビーストの日本単独コンサート⇒予期せぬ感動のシーン

ビーストは日本単独コンサート’ビューティフルショー’を盛況裏に終えた。

ビーストは8月6,7日の両日、日本の神戸ワールドホールで’ビューティフルショー神戸を開き、1万2,000人余りのファンたちと会って熱狂のライブステージを披露した。


今回の’ビューティフルショー2013’はビースト正規2集を記念して開かれたもので、7月20日にソウルで始まり、さらにスペクタクルな舞台と様々なセットリストで構成されてビーストの成長を一目で見せてくれた。

ビーストは日本公演でもパワフルなパフォーマンスと揺るぎない完璧な歌唱力を披露して公演型アイドルのサンプルを提示した。

beast-130808


上手な日本語でファンとの距離制限に乗り出す一方、多彩なソロ舞台で永遠の拍手喝采を受けた。

特に7月7日に開かれた公演では、カーテンコールを連想させる場面で感動を誘った。

2時間以上行われた舞台端にアンコールを終えた後でも、ファンは約20分ほどの間、席を離れることなく、起立して拍手を送った。

結局、ビーストは感謝を示すために再び舞台に入った。

ドゥジュンの遊び心いっぱいのビートボックスに合わせて華麗なジャンプパフォーマンスを披露したチャン·ヒョンスンに会場は再び盛り上がった。

予定外の舞台でビーストは驚きの腹筋公開も辞さない。

感動のカーテンコールが長く続いた後になってビーストは日本での熱い公演を終えた。

公演直後イ·ギグァンは、自分のSNSを介して”本当に今回の機会を通じてビューティーがいなければ、ビーストもいないという言葉をもう一度悟るようになりました。本当にありがたくて感謝しています”と心から所感を伝えた。


一方、ビーストは’シャドウ’で音楽プログラム1位の高空行進を継続しており、韓国-日本を行き来する忙しいスケジュールを消化している。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ