ビッグバンのスンリがカムバック「全曲で作詞-作曲に参加」

ビッグバンのスンリのソロミニアルバム2集がベールを脱いだ。

YGエンターテイメントは12日午前、公式ブログ(www.yg-life.com)を介して2年半ぶりに発表するスンリのミニアルバム2家”Let’s talk about love”のトラックリストとティーザーイメージを電撃公開した。


ストライプスーツ姿に成熟した容貌で注目を集めているスンリは、今回のアルバム全曲に作詞はもちろん、作曲にも参加した。

bigbang-130812-02
SR_LTAL_TRACKLIST_0811


計6曲(ボーナストラックを除く)が収録されている今回のアルバムを見ると、イントロ曲である1曲目”LET’S TALK ABOUT LOVE ‘にはビッグバンのメンバーであるG-DRAGONとテヤンが作詞作曲に参加して支援射撃に出て義理を誇示している。

タイトル曲は’言うことだ”とテンポは速いが、叙情的な感じを持ったハウス系の曲でビッグバンの’ BLUE ” BAD BOY” “MONSTER”などを演出したハンミン監督がミュージックビデオを担当した。

それ以外にも’ GG BE “” YOU HOOOO! “などハツラツとしたタイトルの曲が多く、どのような感じになるのか期待感を持つのには十分である。


特に”GG BE”の場合には、YGの新人ガールズグループのメンバーの一人として知られているメンバーがフィーチャリングで参加して注目を集めるを引く。

去る2011年に彼の初のソロアルバムを直接プロデュースし、ソロミュージシャンとしての可能性を認められた勝利が、今回も直接プロデュースしたミニアルバム2集は19日、オンライン音源で先に発表した後、21日、全国のオンライン·オフラインアルバム売場でアルバムに発売される予定である。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ