防弾少年団チームやメンバー名の由来「名前を一度聞いたら忘れられないでしょ?」

防弾少年団という名前は、一度聞いたら忘れられない。

最初、これは何?と思うが記憶に強く残ることを思えばよくこの名前を作ったなと感じる。

17歳から22歳というまだ子供っぽい7人の子供は、大衆と合うことができるヒップホップ音楽を聞かせてくれるという覚悟で出てきた。

6月にデビューショーケースに申告式を行った後、かなりの時間が経った。


最近インタビューで、メンバーのジミンは”舞台に上がる前、マイクを持ってると冷や汗が出た。すごく震えるが舞台に上がってファンの方々を見ると’これだ’と思った”とデビュー時を振り返った。

bodan-130729
bodan-130729-05
bodan-130729-04
bodan-130729-03
bodan-130729-02


初放送時はとても緊張した記憶が残っている。

シュガーは”練習した成果をしっかり見せようという考えだった。舞台の上で何をしたか覚えておらずとても緊張していたようだ”とし、 “一ヶ月間”ノーモアドリーム”(No More Dream)で活動するにつれて、緊張感は減ったようだ”と言った。

防弾少年団という名前に決まるまではビッグキッズ、ヤングネーションなどの候補があった。

防弾少年団がその中でコレを選んだことに関しては”私たちの名前を聞くと忘れられないようだ”と、この名前が気に入っている理由を明かした。

グループ名と同様にメンバーたち各自の名前も確かめて行かざるを得ない。

今から各々自分の名前の意味を話そうとする何人かのメンバーにはまだぎこちない表情が浮かぶ。

シュガー(スガ)は”私は肌が白くて笑顔がきれいだし、甘く活動するということでシュガーになった。元々、大邱(テグ)で音楽するときはグロスという芸名を使ったが、インパクトがないとしてシュガーに決められた。最初は”はい? “という感じだったが2時間後に合点がいった。でもこの名前は、私以外のメンバーが私を呼ぶ時に抵抗が生まれるけど。(笑) “と説明した。

本名はキム·ソクチンで”実名に近い名前である。デビュー前にはラップモンスターという名前に抵抗があったがインパクトのある名前が良くこれになったようだ”とした。

リーダーのラップモンスターは、 “2011年に歌を一つ作ったが、その歌にラップモンスターという言葉が出てくる。そのことに突き動かされた会社の方々がラップモンスターと呼んだが最初は嫌だった。聞いていると好きになって芸名を書くときにはそれを使っていた。今は抵抗感はない”とし、今は満足しているようだ。

ジェイホープは、名前の意味を説明する段になると”チームで最も深遠な意味を持っている。パンドラの箱でみんな去ってしまい残ったのは希望だけではないか。希望的な存在になりなさいという意味である。本名はジョン・ホソクでJを取ってhopeをつけてジェイホープとした”と説明して顔を赤くした。

ブイの名前が決まるまではレックス、シスターなど、さまざまな候補があった。

そして最終的にアルファベットのVの一文字の発音で圧縮されたブイに決まった。

“私が一番最後に芸名が決められPD様が堕落した荒い男の意味を込めた。まだ少しぎこちないが慣れようとしている。”

ジミン、ジョングクは、本名をそのまま使う。

ジミンは”私たちにも芸名があった。ベビーJ、キッドがあったが、私は本名が似合いそうだと言った”とし、ジョングクは”釜山出身なのでカモメという意味のシーガルという名前があった。私は良かったがそれにはならかった”とそれぞれ話した。

小学校6年生の時に歌手になりたかったビューは、父の支援の下、サックスを3年間学んだ。

その後6ヶ月間ダンス学院を通って現在の所属事務所ビッグヒットエンターテインメントプライベートオーディションに合格した。

子供の頃からダンスが好きだったジェイホープはオーディションを見てビッグヒットに入った。

8ヶ月の間委託教育を受けて2010年12月防弾少年団に参加した。

ラップモンスターは、小学校6年生の時からヒップホップをとても好きな子だった。

ヒップホップの関連コミュニティで活動して中3の時にアンダーグラウンドをのぞき込んだそうだ。

ヒップホップデュオのアンタッチャブルスリーピーに彼は注目した。

パン·シヒョクプロデューサーと作業してみるつもりはないかという連絡が来たときは迷わず契約した。

たが、元々は俳優になりたかった。

中2の時SMに路上キャスティングされたジンは、2011年大ヒットにキャスティングされ様々な経験をしてみたくてアイドルデビューを決心した。

中1の時までドラゴンを見て、 “スーパースターK3″オーディションに出たジョングクは、2次オーディションを見ていたビッグヒットにキャスティングされた。

中学校の時からダンスをしながらショーに通ったジミンは、レインを見て歌手を夢見た。

釜山に在学中、教師の推薦で大ヒットオーディションを見てソウルに状況した。

小学校6年生の時から音楽をしたシュガーは、大邱(テグ)で作曲家として活動して高2の時、全国ラップオーディションで2位になった後、現在の所属会社に入った。

ヒップホップのアイドルといえば、真剣に見ていない人もいるが、シュガーとラップモンスターは、昔からヒップホップを楽しんできた。

また、ジェイホップとシュガーはダンスにヒップホップをしていた。

シュガーは”アイドルとヒップホップを軽く考えている人々も多いが、私たちはどうにかしてそのような認識を変えたい。非難するよりも、もうちょっと見守ってくれたらマニアに対応するだけでなく大衆にも対応できるような音楽をたくさん持って出てくるだろう”と要請した。

“決して根は浅くない。マニアは私たちを軽視しているが、私たちは急にヒップホップが好きになったのではなく昔からヒップホップを聞いていたマニアだった。偏見が一瞬にしてなおることはないが視線を変えるように努力します。 “(ラップモンスター)

ミュージシャンのパン·シヒョクPDが長なので音楽の操作においてだけはフリーな環境が提供された。

シュガーは”練習生の時も音楽の作成においては、自由に解放してくれた。夜明けのワークショップに行くのもOKだったし練習室にも作業室を一つ作ってくれた。朝に入っても何も言わないし。存分に好きなことができた”と明らかにした。

最近、新人アイドルグループはほとんど携帯電話を持っていないが、彼らは携帯電話もそれぞれ持っている。

パン·シヒョクPDがメッセンジャーを介して音楽の歌詞に関する情報を提供すれば、コメントもしてくれるそうだ。


それでも社長であり、尊敬の対象であるパン·シヒョクは、彼らにとって困難な存在だ。

“3年前に感じたオーラをまだ感じる。まだ練習生の初めての時のように同じように挨拶して表情を管理をする。しっかりと接するようにしている。”(ラップモンスター)

“時々スケジュールでどかに行くときは、メッセージを送ってくれる。日常的な話もするし、電話が来て、心配もしてくださって。されるように些細なことでとても心配してくれる。 “(シュガー)

デビューしてからまだ1か月ほどだが、プロ意識が徹底している。

アマチュアからプロになっただけに自己責任を持つようになっている。このような気持ちで熱心に活動して新人賞を狙ってみるという覚悟だ。

“1番近い目標は新人賞だ。”この子は新人賞も受けてデビュー年度から注目された子供である”ということを証明したい。 “ある程度実力のある子供だ”ということを証明するのが新人だと思う。 “(ラップモンスター)

シュガーは”私たちに不信感を持っている人たちに、示すことができることの一つが新人賞だと思うので、最も短期的な目標ないかと思う”と付け加えた。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ