CNBLUEが韓国バンド初「ロックインジャパンフェスティバル」に参加「日本人熱狂」

CNBLUEが韓国バンド初の日本3大ロックフェスティバル”ロック·イン·ジャパン·フェスティバル2013(ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013)”の舞台に上がった。

CNBLUEは、8月4日茨城県にある国営日立ビーチ公園で開かれた”ロック·イン·ジャパン·フェスティバル”に、国内のバンドとして初めて参加した。


日本の3大ロックフェスティバルは、 ‘ロック·イン·ジャパンフェスティバル’ ‘サマーソニック’ ‘フジロックフェスティバル’などが挙げられる。

cnblue-130805


この日の舞台に上がったCNBLUEはチョン·ヨンファの自作曲であり、オリコン週間チャート1位を握った日本二番目のシングル’ウェアユー·アー(Where you are) “を皮切りに、日本新曲”レディ(Lady /チョン·ヨンファの自作曲) “、アメリカのビルボードワールドアルバムチャート1位を獲得したアルバム”リ:ブルー(Re:BLUE) ‘のタイトル曲’アイムソーリー(I’m Sorry /チョン·ヨンファ自作曲) ‘など総6曲のエキサイティングなロック音楽で情熱的な公演を繰り広げた。

公演中チョン·ヨンファは”暑いけど今までのはウォーミングアップだった。もっと熱く遊びましょう! “と言いながら炎天下にもかかわらず、上手な舞台マナーで公演をリードした。

“アイムソーリー(I’m Sorry)”は韓国語の歌詞にも関わらず観客席から熱い歓声があふれており、特に今回の公演には、多くの男性ファンが参加して人目を引いた。


一方、日本のジェフ·ツアー中のCNBLUEは7月24〜25日北海道、29〜30日名古屋、08月1〜2日福岡公演を盛況裡に終えたし来る6〜7日東京公演、14〜15日、大阪難波の公演を控えている。

8月10〜11日のには、3大ロックフェスティバルのいずれかである’サマーソニック2013’にFTアイルランドと一緒に参加する。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ