CNBLUEが日本の新曲で予約チャート1位席巻「発売前から注目」

シエヌブルーの日本での新曲”ワンモアタイム(One More Time)”が発売前から反応が熱い。

この曲は、8月21日、日本の大型レコード店HMVの韓国のアジア予約週間チャート1位を獲得し、8月14〜20日集計された音源ダウンロードサイトレコチョクのアジア週間チャートでも1位に上がった。

チョン·ヨンファ作詞作曲の’ワンモアタイム’は28日に発売予定のシーエヌブルー日本正規2集’What turns you on?’のタイトル曲でチャートだけでなく、メンバーたちが直接出演したミュージックビデオでも注目を集めている。


ミュージックビデオではチョン·ヨンファ、イ·ジョンヒョン、カン·ミンヒョク、イ·ジョンシンのメンバーらが’生涯をかけた勝負”というテーマで熱演を広げた。

cnblue-130821-01


今回のアルバムには、チョン·ヨンファの新曲と同時にタイトル曲である’ワンモアタイム(One More Time)’をはじめとして’チェンジ(CHANGE)’、 ‘レットミーノー(Let me know) “など自作曲7曲とイ·ジョンヒョンの新曲”クライング·アウト( Crying Out) “、”I can’t believe)”など自作曲4曲を含む全11曲が収録される。

初回限定版には、チョン·ヨンファ自作曲’ロボット(Robot) “の英語版が特別収録される予定だ。


一方、CNBLUEは24日、マレーシアの2013ワールドツアー’ブルームーン’の公演を継続する。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ