CNBLUEのアルバムが日本オリコンで2位スタート「自作曲11曲を収録」

CNBLUEの日本正規2集が発売と同時に、現地で熱い反応を得ている。

最近発売されたCNBLUEの新しい正規アルバム’What turns you on?”は自作曲11曲を埋め入れたアルバムで発売前から大きな期待を集めた。


8月28日、日本最大のアルバム集計サイトのオリコンデイリーチャートによると、 “What turns you on?”は、発売初日約2万7000枚余りの販売量を上げてチャート2位に入った。

初回A_0718


同チャート1位は日本国内の爆発的な人気を得ているNHKの人気ドラマ”あまちゃん”のサウンドトラックが占めており、正式なアルバムを出したアーティストの中ではCNBLUEが最も高い順位を記録している。

現在1位の販売量との差がわずか400枚余りであり、アルバム再注文が殺到しているほど現地の人気が高くCNBLUEが底力を発揮することができるとの見通しも可能である。

タイトル曲でチョン·ヨンファ新曲”ワンモアタイム(One More Time ) ‘をはじめ’チェンジ(CHANGE) ‘、’レットミーノー(Let me know) ‘などのチョン·ヨンファ自作曲7曲とイ·ジョンヒョンの新曲”クライング·アウト(Crying Out)”、 “I can’t believe)”など自作曲4曲を含む全11曲が収録されている。

初回限定版には、チョン·ヨンファ自作曲’ロボット(Robot) “の英語版が特別含まれた。


一方、国内バンド初のワールドツアー中のCNBLUEは9月7日、中国広州、9月30日、中国の上海で公演を継続する。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ