クレヨンポップがソニーミュージックと戦略的契約を締結「世界市場でも通じる」

クレヨンポップがソニーミュージックと専属契約を締結した。

ソニーミュージックエンターテイメント側は8月13日、報道資料を通じて”クレヨンポップ所属事務所クロムエンターテイメントとソニー·ミュージックエンタテインメント·コリアがアルバムのライセンスと戦略的提携契約を締結した”と明らかにした。

クレヨンポップは、既存の女性アイドルと差別化されたコンセプトで、昨年デビューして以来、女子高生制服、ブルース·リーのドレス、トレーニング方法などで大衆に注目されたグループで最近発表した”バババ”は、別名’5気筒ダンス”と数々のパロディー映像を作り出した。


最近ではアルバム発売44日ぶりに100位圏外ランキングで逆走して音源チャート1位に上がるなど、最近韓国の音楽市場では見られなかった動きを続けている。

crayonpop-130813


ソニーミュージック側は”去る7月末、韓国歌謡界を表示するために直接訪韓したソニー·ミュージックエンタテインメントの関係者とクレヨンポップの出会いで彼女たちの差別化された試みと独創性に多くの感銘を受け、世界市場でも通用するアーティストのコンテンツと判断して契約をした”と伝えた。

クレヨンポップは、9月”バパパ’突風をつなぐ後続曲の作業に拍車をかけておりソニーミュージックのグローバルネットワークを通じて、より体系的で、先進的な活動を国内外で展開する計画である。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ