EXOがまたやらかした『うなり声』が公開すぐに1位を席巻

エキソ(EXO)が新曲”うなり声(Growl) ‘を公開するやいなや各種音源、アルバムチャート1位を席巻した。


8月5日に公開されたエキソの新曲”うなり声(Growl)”は、公開されるやいなやメロン、オレミュージック、エムネットドットコム、ジニー、バグス、ソリバダ、ネイバーミュージック、ダムミュージックなど8つの音源チャートで一気に頂点に立ち、リアルタイムチャート1位になった。

exo-130805


また、同じ日に発売されたエキソ正規1集’XOXO(Kiss&Hug)’リパッケージアルバムは、アルバム販売集計サイトであるハントチャートとホットトラックスチャートで発売されるやいなや韓国語バージョンのKISS半分が1位、中国語版であるHUG半分が2位を記録してアルバム販売のリアルタイムチャートでも1,2位 ​​を席巻した。

特に、今回のリパッケージアルバムに追加収録された新曲”XOXO”と”LUCKY”もオレミュージック、エムネットドットコム、ジニー、バグス、ソリバダ、ネイバーミュージック、Daumミュージックなどで”うなり声(Growl) ‘に続いて並んで2位と3位に上がるなど熱い反応を得ている。


一方、後続曲でリリースする新曲”うなり声(Growl)”は、洗練されたUrban / R&Bサウンドベースのダンス曲で、愛する女性を他の男たちに奪われたくない人の心を轟音という機知に富んだ表現で描いた歌詞が印象的だ。

一つのダンス映画を見るような洗練されたダイナミックなパフォーマンスで話題になっており、エキソ(EXO)熱風はより一層強まる展望だ。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ