3ヶ月の期間でEXOがK-POPアイドルの最高峰になれた理由

エキソがわずか3ヶ月で国内歌謡界を平定した。

エキソが9月7日MBC ‘ショー音楽中心’を最後に5月末から開始した正規1集活動を仕上げた。

昨年デビューした後、約1年という長い空白期を持った後、カムバックして、約3ヶ月で完全に変わった姿を見せてくれた。

エキソは、レコード販売と音源位置の両方をとりながら厚いファン層と大衆性を同時に確保した。


所属事務所SMエンターテイメントによると、1集アルバム’XOXO(Kiss&Hug)’は去る3日まで42万枚が売れ1集リパッケージアルバムは31万枚が売れた。

2枚のアルバムを合わせて正規1家だけで約73万の販売高を上げた。

このような記録は、2001年以来12年ぶりの大記録だ。

exo-130909-02
exo-130909-03


音源順位も注目する必要がある。

後続曲である’うなり声’は9月の午後あたり国内最大音源サイトメロンリアルタイムチャート4位にランクインしている。

活動が終わったにもかかわらず、新曲との競争で押さずに上位圏を守っている。

このような勢いは音楽プログラム1位に確認することができる。

“狼と美女’で地上波3社ですべて1位を占めたエキソは”うなり声”で大きな旋風を起こした。

‘うなり声’はMnet ‘エムカウントダウン’、MBC ‘ショー音楽中心’、SBS ‘人気歌謡’、MBCミュージック”ショーチャンピオン” 3週連続1位、KBS 2TV ‘ミュージックバンク’ 2週連続1位を獲得した。

海外の反応も熱い。

中国のメンバーが含まれているだけに、中国はもちろん、台湾、タイ、香港などアジア圏で関心が高く、これらの訪問を要求している海外ラブコールも相当なものと伝えられた。

SMによると、エキソは落ち着いて、今後の活動を計画する予定である。

所属事務所側は”まだエキソ今後の活動について確実に決まったことはない。これから準備していくだろう”と明らかにした。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ