ファイブドールズが6人体制になり表記を変更「新メンバーは誰?」

ファイブドールズが6人体制に変更されるがチーム名はそのままで活動をする。

ファイブドールズ所属事務所コアコンテンツメディア側は7月11日午前報道資料を通じて”ファイブドールズは5人で活動する時に英語表記を’5 DOLLS ‘として活動をしたがヒョヨン、ヘウォン、ウンギョ、ナヨン、スンヒ、ウンギョの6人体制変更したので、F-VE DOLLS “と英語表記を変更して活動する”と公式発表した。


これと共に公開された写真の中のメンバーは、ポップスターのマリリン・モンローとマドンナを連想させるヘアスタイルとコンセプトを披露してめちゃ可愛い魅力を誇示している。

fivedolls-130711


7月末に公開されるファイブドールズのタイトル曲’ペア1号’はヒットメーカー作曲家イースタンサイドキックの曲でレトロ風のディスコメロディーに親しみやすい歌詞が加わり、聞けば聞くほど魅力的で中毒性の強い曲だ。

また、音楽に合わせてファイブドールズのメンバーが披露するディスコの振り付けも豊かな見どころを加える。

ファイブドールズに新たに加入したメンバースンヒは、2010年春香に選ばれたメンバーヒョヨンの後に続いて2012年春香のタイトルを獲得した。

スンヒは、以前にプロジェクトアルバム’鎮痛剤’で音楽プログラムで初めてデビューしたことがある。

スンヒは、外見だけでなく、歌唱力も優れているなど、水準級の実力を備えた実力派だ。

すでにSeeYaで実力を認められたウンギョは、 “今よりももっと努力してファイブドールズとSeeYaの二匹のウサギを引き締めたい”と伝えた。

続いてファイブドールズのメンバーは、 “ディスコ音楽”ペア1号’を介して全国民に愛されたティアラ先輩の”ロリーポリー”を飛び越えたい。今年の夏のディスコブームを作りたい”と抱負を明らかにした。


一方、ファイブドールズタイトル曲’相棒1号’は7月末公開される。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ