G-DRAGON が『クレヨン』で3年ぶりにカムバック、音源チャートをオールキル

G-DRAGON が『クレヨン』で3年ぶりにカムバック

 



G-DRAGONが『クレヨン』で3年ぶりにカムバックして音源チャートをオールキルした。

3年ぶりに新しいアルバム『ONE OF A KIND』を発表したG-DRAGONが国内音源チャート1位を総なめにした。

G-DRAGONが9月15日前オンライン音源サイトを通じて公開したミニアルバム『ONE OF A KIND』は、タイトル曲『クレヨン(CRAYON)』はもちろん、収録曲全部がメロン、バグス、エムネット、ネイト、ネイバー、ソリバダなどで1位から10位まで掌握している。

一部のサイトでは、タイトル曲ではなく、収録曲『Missing you』が1位を占めた。

 

 

タイトル曲『クレヨン』は、 『CRAYZ ON』の合成語で、 「みんなで狂おう」、「音楽に狂ったG-DRAGON」などの意味を持ち、ヒップホップとエレキパートを完璧に区切った曲の中で二ジャンルを楽しむことができるよう構成された実験精神が引き立って見える曲だ。

今回のG-DRAGONのアルバムは実力派ミュージシャンたちがフィーチャリング参加して大きな話題を集めた。

紫雨林のキム·ユナが参加した『Missing you』をはじめ、キム·ジョンワンがフィーチャリングした『Today』、タブロとなどが参加した「火をつけろ」など個性の強いミュージシャンたちとGドラゴンの調和しアルバムに様々な魅力を伝えた。

先立って公開した『ONE OF A KIND』と『そのXX』もまだ熱い愛を受けている。

特に『そのXX』は19歳未満の聴取不可である音楽にもかかわらず、依然として高い順位を守っている。

 

一方、G-DRAGON の初めてのカムバック舞台はSBS『人気歌謡』を通じて行われる。

タイトル曲『CRAYON』と収録曲『ONE OF A KIND』を披露して長年の友人であり、ビッグバンのメンバーであるテヤンが一緒に舞台に上がる予定だ。

『ONE OF A KIND』のアルバムは来る18日オフラインで発売される予定だ。

 

(写真= YGエンターテイメント)




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ