G-DRAGONのソロアンコールソウルコンサートのチケット前売り戦争開始

23日からGドラゴンワールドツアー最終アンコールソウル公演のチケット前売りが開始される。

G-DRAGONは去る3月ソウルオリンピック体操競技場で彼の初のソロ·ワールド·ツアー”G-DRAGON 2013 1ST WORLD TOUR ONE OF A KIND”の砲門を開いた。


それ以来、約3ヶ月の間8ヶ国13都市で総25回の公演を開催し、海外のファンたちを熱狂させたGドラゴンが来る8月31日、9月1日の両日、ソウルで最後のアンコール公演を行うツアーの完成点を打つ見通しである。

gd-130723


特に、YGエンターテイメントのヤン·ヒョンソク代表プロデューサーが前に’FROM YG’を直接明らかにしたように、G-DRAGONは、現在のソウルアンコール公演で新曲パフォーマンスを披露しようと曲作業に拍車をかけている。また、G-DRAGONは、ツアーの紹介映像を通じて”ツアーを続けて回ってみると雰囲気が熟してスタッフも楽しみながら行うことができる公演になる”とし、”公演を通じて良い希望を見たような感じだ”と、初のソロツアーに臨む所感を明らかにした。

昨年1グループのビッグバンとしてワールドツアーを開催していたG-DRAGONは、当時の経験を生かし、最高のスタッフ陣を立てて、今年はソロとしてワールドツアーに挑戦した。

マイケル·ジャクソンの”THIS IS IT”ツアーの振り付けとアシスタントディレクターを担当したトラビス·ペイン(Travis Payne)と当時一緒に振り付けを担当したステイシー·ウォーカー(Stacy Walker)、二人がクリエイティブディレクターに、マイケル·ジャクソン”THIS IS IT”ツアーのデザイナーであるマイケル·コットン(Michael Cotten)が舞台デザインを担当G-DRAGONと幻想の呼吸を誇示した。

G-DRAGONは、各ソロコンサートに自作曲たちでいっぱいの構成を披露して舞台の上で強い存在感を表明した。

今回の公演では、ワールドツアーを通じて得られた成果まで加わってファンにもっと高い満足感をプレゼントする予定だ。


一方、G-DRAGONのワールドツアーアンコール公演”G-DRAGON 2013 1ST WORLD TOUR ONE OF A KIND THE FINAL”のチケット前売りは23日午後8時からGマーケットホームページを通じて電撃オープンされる。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ