G-DRAGON “BIGBANGのメンバーたちとは正直あんまり連絡をとっていない”

G-DRAGONがBIGBANGのメンバーたちへの本音を打ち明けた。

ビッグバンのGドラゴンは3月31日午後3時、ソウル松坡区芳夷洞オリンピック公園体操競技場で” G-DRAGONワールドツアー:ワン·オブ·アカインド(G- DRAGON WORLD TOUR:ONE OF A KIND) “の派手な火ぶたを切った。


この日G-DRAGONは、強烈なレッドで染めたヘアスタイルのような色の舞台衣装を着て登場し、新曲”ミチGO”を初公開した。

それだけでなく、 “ワン·オブ·アカインド(One Of A Kind)”、 ” バタフライ(Butterfly) “、”ミシンユー(Missing You) “、”そのXX ‘、’今日(Today) “、”少年よ”、”ディスラブ(This Love) ‘、’1年停留所”、悪夢”、 “シーズゴーン(She’s Gone)”、 “クレヨン+ ファンタスティックベビー(Crayon + Fantastic Baby) “など全16曲を歌って熱情的な舞台を整えた。

gd-0403


G-DRAGONは、歌を終えた後、 “これでG-DRAGONのコンサートが終わりました。来てくださったすべての方々に感謝しています。来年も逢えたらいいな。公演が終わって残念です”と話を切り出した。

続いてG-DRAGONは”これから海外ツアー公演を控えているが、外国に出ていくのは少し心もとない。熱心にするしかないと思う。倒れないように、今後も多くのご声援をお願い申し上げます。すぐにビッグバンのアルバムも発売される予定なので舞台でファンたちを訪ねた。もう少しだけ待ってね”と要請した。

ファンから愛嬌を見せてくれという要請を受けたG-DRAGONは”かわいい人やらないと可愛くないよ”と謙虚な姿を見せた。


G-DRAGONは”一応真面目な話をしよう。過去4年間、私の人生には多くのことがあった。歌手としても人間としても成熟した時間だった。4年後どこで何をしているのかよく分からないが、良い音楽を続けたいと思う。着実に良い姿お見せする”と話した。

また、G-DRAGONは”今日はとて​​も幸せだった。皆さんの心の中にも長く残るコンサートになったらと思う次第だ。今日開かれたソウルツアー公演のために多くの方々が力を入れてくれた。一人一分紹介する予定なので、大きな歓声をお願いします。まず私にとって大きなインスピレーションを与えてくれたビーボーイとギター、ベース、ドラム、照明、カメラ監督などに感謝しています。ヘアスタイリストやマネージャーなどスタッフたちにもとても感謝している”と感謝の気持ちを伝えた。

YGエンターテイメントの家族には、 “率直に言って連絡はあまりとっていないが、裏ではいつも一様に応援してくれるメンバーのみんな、ありがとう。ヤン·ヒョンソク社長とYGファミリーにもとても感謝している。大きな力になってくれる家族にいつも感謝してる。母に”息子はこの公演をよく終えました。自慢の息子? “と問いたい。そして最後に、私自身にありがとう”と明らかにした。


一方、 “G-DRAGONワールドツアー:ワン·オブ·アカインド”は、2009年以来、4年ぶりに開かれたG-DRAGON単独コンサートツアーで来る6月末までに計8カ国13都市で26回にわたって開かれる予定だ。


ソース:http://media.daum.net/entertain/enews/view?newsid=20130401122804747




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ