キム·ヒョンジュンの韓国アルバムが日本でも旋風「オリコン1位」

キム·ヒョンジュンが去る7月に国内で発売した三番目ミニアルバム’ラウンド3(ROUND 3)’が日本でも1位を占めて注目を集めている。

21日午前に公開された日本のオリコンチャート輸入アルバム部門( 8月26日)で、キム·ヒョンジュンは、エキソ(EXO)、シャイニー、f(x)などの国内人気アイドルグループらを抜いて1位を記録した。


国内はもちろん、日本で発売するアルバムごとの販売高とチャートでも好順位記録して熱い愛を受けているキム·ヒョンジュンがオリコンチャート輸入アルバム部門で1位を席巻をして再び日本での高い人気を証明した。

hyonjun-130821


特に去る2011年、国内で発売された二枚のミニアルバム’ブレークダウン(Break Down)’、 ‘ラッキー(Lucky)’に続き三番目のオリコンチャート輸入アルバム部門1位を達成したため、現地発売のアルバムだけでなく、国内のアルバムだけでも、毎回、日本の大衆の熱い関心を得るという点は注目に値する。

キム·ヒョンジュンの今回のアルバム”ラウンド3 ‘に対する熱い関心と人気は日本だけではない。

先月22日の全曲音源発売をしたキム·ヒョンジュンは、タイ、フィリピン、マレーシア、香港、台湾などアジア8カ国のiTunesチャートで1位に上がってアジアナンバー1スターとしての面貌を誇示しただけでなく、米国ビルボードワールドアルバムチャート部門でも1位を占め、全世界のファンたちの熱い愛を確認したことがある。

キム·ヒョンジュンの所属事務所関係者は”アルバムが発売されてから一ヶ月近く経ったのに、国内外のファンたちのたゆまぬ関心と愛に大きな力を得ている”としながら”キム·ヒョンジュンは毎回舞台に上がるたびに、より良い姿をお見せするという覚悟で活動を続けているので、今後も多くの関心をお願いする”と伝えた。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ