インフィニットのカムバック舞台は違う”歌も-振付も3色”

‘Destiny’でカムバックしたインフィニットは19日から本格的な地上波放送カムバック舞台を披露する。


“刀群舞の再臨”と宣言し、タイトル曲”Destiny”を発表したインフィニットは、19日KBS 2TV ‘ミュージックバンク’、20日MBC’音楽中心’、21日SBS’人気歌謡’を通じて本格的に地上波音楽放送始動をかける。

infintie-130719


デビュー後に’刀群舞’という新造語を作り出して7人のメンバーが定規で測ったような群舞を披露したインフィニットは今回のタイトル曲”Destiny”を介して完全な群舞パフォーマンスを再び披露する予定だ。

インフィニットは16日シングルアルバムを公開するやいなや7つの音源オンラインチャートをオールキルして、現在も全チャートで上位圏を維持しており、発売直後アルバム集計サイトであるハントチャートも独歩的な1位を記録し、現在まで上位圏を維持し、人気を誇示している。

特にインフィニットは、地上波放送3社のカムバック舞台で、各放送ごとに音源とカムバックの設定を変えて多様な魅力を披露する予定だ。

所属事務所の響きエンターテイメント側は”タイトル曲” Destiny “ほか、全曲が皆、大きな関心と愛を受けており、放送3社のカムバック舞台でも” Inception “、”君へ向かう”、”ママ”を均等に披露する予定だ”と耳打ちした。


一方、19日から地上波音楽放送を通じてカムバックするインフィニットは8月9日、10日、ソウルオリンピック体操競技場を皮切りにワールド·ツアー”ONE GREAT STEP”のアンカーを上げる予定だ。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ