JYJ、今年も肝っ玉が大きいメンバーシップウィーク”協賛を拒否”

JYJメンバーシップウィークが今年も続く。

シージェスエンターテイメントは、 “来る6月27日から30日までの4日間、ハンニョウル駅SETECで’2013 JYJメンバーシップウィーク”を行う。


メンバーシップウィークは、シジェスエンターテイメントが主催のJYJメンバーシップ会員のための大規模なファンサービスで、昨年の会員2万2000人のファンが訪れた”と4月16日明らかにした。


jyj-130416


昨年開始された’JYJ Membership Week “は、新鮮な企画と真正性のあるコミュニケーション型のファンサービスを目指し、韓流文化コンテンツの新たな方向性を提示した事例で肯定的な評価を受けた。

また、商業部分を徹底的に排除した点と、日本の会員を最小の費用だけでイベントに参加できるようにした全額無料サポートサービスは、空前絶後の肝っ玉が大きいサービスとして記録された。

シージェスエンターテイメントのペク·チャンジュ代表は”イベントは、私たちだけができる大規模なファンサービスという自信がある。ファンミーティング、展示、JYJのコンテンツ映画観覧がすべて入場無料で、MDの販売もない。ファンの大きな反響のおかげで企業や公共機関の協賛やサポートを提供したが、すべて断った。この期間だけのファンがJYJと一緒に大切な思い出を作ってJYJもまた、ファンに愛と感謝を伝えることができる真正性のある祭りになってほしい”と明らかにした。

イベントを企画している所属事務所の担当者は”昨年のメンバーシップウィーク運用コストが37億ウォンを超えた。SETEC全体を最先端の展示ホールに設置して二回のファンミーティング公演を行うコストと日本で韓国を訪れるメンバーシップ会員をサポートする経費が含まれた金額で、今年は、より大きな予算を準備している”と伝えた。

JYJは昨年6月以来、ドラマや映画、ソロアルバムやツアーなどを介して各自忙しい一年を送った。

最近の東京ドームで平日の3日間、15万人の観客を満たす底力を誇示した。

JYJが今回の博覧会でどのような話を提供するかが注目される中、シージェス企業は、近い将来、日本のメンバーシップ会員を対象に、参加方法を案内する予定だ。



ソース:http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201304161450162410&code=100200




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ