JYJキム・ジェジュンがアジアツアーへ「中国南京公演にて」

キム·ジェジュンのマナーが大陸を感動させた。

昨年10月、彼の初のソロ1集アルバム「WWW」を発売し、アジアツアー巡航中のキム·ジェジュンが6日午後、南京で中国の記者団と会った。


シジェスエンターテイメントは7日、「今日のキム·ジェジュンの正規1集アジアツアー’2013 Kim Jae Joong 1st Album Asia Tour Concert “中国南京公演が開かれる。これに先立ち、キム·ジェジュンは昨日50人余りの取材陣と会って嵐マナーと中国の真心を表現して取材陣との熱い反応を得た」と伝えた。

jyj-131207


続いて、 “キム·ジェジュンは南京公演1回追加のファンたちのために追加公演を決定しており、中国大陸のあちこちから遠く離れていても来て下さるファンへの見返りであるようだ。アーティストの本気の歩みに記者団らも熱い反応を見せて熱を帯びた取材競争を繰り広げた”と明らかにした。

キム·ジェジュンは中国の記者団が直接あるアルバムのさまざまな質問と中国訪問の所感と気がかりなことについて様々な意見を交わして和気あいあいとした雰囲気を作り出した。

キム·ジェジュンは、今回のアルバムのテーマになぜ愛を選んでたのかという質問に、「愛と音楽とストーリーなどの創作において最も美しい素材だ。誰もが経験することだが誰もが容易ではないはずだからそんな気持ちをそのままアルバムに込めた」と答えた。

彼は”ロッカーとして毎公演ごとにタトゥーや、舞台衣装でインパクトを与えてメッセージも伝達しようとした。公演は演技とはまた違って、音楽の中でファンがその音楽を完全に感じることができるようになり、ファッション、パフォーマンス、ポーズなどが、音楽の中で演技として表現しなければならない」と明らかにした。

特に海外の記者会見場で見せてくれたキム·ジェジュンの丁寧なマナーは話題だった。

関係者は「キム·ジェジュンはフォトタイムの時も写真記者らの要求にいちいちポーズを取って、記者団に、中国の文化や考え方を真剣に理解しようとして自分の前に置かれた水を通訳者に先に渡したりするなど、温かい雰囲気を作り出した」と明らかにした。

関係者は引き続き”キム·ジェジュンは先週、公営放送CCTV音楽チャンネルCCTV15のプログラムで、韓国歌謡部門3週連続1位、中国最大のMVサイトウェタイで5週連続1位を走るなど、中国内の熱い人気を見せている。今回の追加公演決定は、中国のウェイボーや様々なサイトを焼いて熱い話題になるなど、すでに公演に対する期待感が高まっている」と伝えた。

キム·ジェジュンが去る10月29日に発表したソロ初の正規アルバム「WWW:Who、 When、Why」は、台湾、香港などのiTunes 12カ国1位席巻はもちろん、タワーレコードデイリーチャート1位、オリコンウィークリーチャート1位を引っつかんで、海外から熱い反応を得た。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ