カン·スンユンが地上波カムバック”G-DRAGONも作詞に参加”

カン·スンユンが地上波歌謡舞台にカムバックする。

Mnet ‘スーパースターK2’出身の歌手カン・スンユンは8月4日SBS ‘人気歌謡’を通じて新曲’ワイルド·アンド·ヤング(WILD AND YOUNG) “で初デビュー舞台を持つ予定である。


YGエンターテイメントのヤン·ヒョンソク代表プロデューサーは、7月23日午前9時公式ブログを通じて”8月4日”人気歌謡”を皮切りに、カン·スンユンの最初のタイトル曲である”ワイルド·アンド·ヤングは、放送プロモーションを計画している”と明らかにした。

kansunyun-130723


続いてヤン·ヒョンソクは”ワイルド·アンド·ヤング”の””ワイルド·アンド·ヤング”は、YGのメインプロデューサーであるテディが2年前に作っておいた曲”と明らかにした。

ヤン·ヒョンソクは”2年前の歌詞とデモ録音まで完成された曲でしたが、既存のYGの音楽と非常に違った感じの曲だから、その時は所有者を見つけられずにいた。カン·スンユンに偶然最初の詩を歌わせてみたが、まるで最後に残ったパズルのピースのようにカン·スンユンの声がとてもよく合った曲だったので、最終的にカン·スンユンのソロデビューの最初のタイトル曲となった曲だ”と曲に込められたビハインドストーリーを伝えた。

音源チャートを荒して大きな愛を受けた’雨’に続き来る7月31日”ワイルド·アンド·ヤング”を発表したカン·スンユンは、8月と9月にも二つの曲のタイトル曲を披露する予定だ。

そのうちの3番目のタイトル曲は、G-DRAGONが作詞に参加した。

これに対してヤン·ヒョンソク代表は”G-DRAGONとテヤンの場合、YG練習期間が長くある後輩練習生に配慮が最も深いメンバーたちとしてスタジオでカン·スンユンのデモ曲を聞いたGドラゴンがその場で作詞してくれた曲だ”と伝えて次の曲への関心を増している。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ