いつもの『可愛いさ』を抑えて『露出』を加えたKARA。果たして通用するのか

KARAの新曲活動に関して

 



『可愛らしさ』が代名詞のKARAが変身した。

去る22日、ソウル広壮洞ウォーカーヒルホテルで開かれた記者会見で公開した新曲『パンドラ』の舞台は可愛くも若々しくもなかった。

代わりに体のラインを披露して視線を集めて、ジャケットを脱いで露出を加えた。

他のガールズグループに比べて水位がはるかに高いわけではないしひたすら妹分だったカラの既存のイメージを思い浮かべる面では破格的な挑戦である。

『ミスター』や『ルパン』でセクシーな姿を見せてくれた事があるが、これは、はつらつとした姿の中ひっそりと現われるセクシーさだった。

今は初めから『成熟』をコンセプトに掲げている。

 

 

歌も本格的な”誘惑”ソングだ。

長い期間KARAと呼吸を合わせてきたスウィートチューンが作った『パンドラ』は「妙な視線の中で心臓が走っており、荒い息の音が触覚を刺激して」などの歌詞で始まる。

ハン·スンヨンは「これまで私たちが披露した曲の中でも最も女性としての魅力をたくさん立てた曲」と説明した。

ミュージックビデオでもカラ特有のキュートな笑顔や愛嬌はない。

代わりにメンバーらのSラインを強調した各種ポーズと妖艶な表情が主をなす。

ポイントはやはりジャケットを利用した露出である。

ニコルは「もう少し成熟した姿をお見せするために健康さと弾力をたくさん生かそうと努力した」と話した。

ギュリは「KARAも成熟した姿があるということをぜひ見ていただきたかった」と強調した。

 

記者会見でメンバーたちが最も強調したのも『どこがきれいになったか』ということだ。

ギュリは「三ヶ月目のタンパク質ダイエットをしている」と明らかにした。

ク·ハラは「小学生の体つきという言葉を聞きたくなかったので運動を熱心にした」と話した。

ハン·スンヨンは「これまで私がハムスター賞という言葉をたくさん聞いて、強くセクシーな歌手たちに比べて弱いんじゃないかと心配したが幸いにも反応が良くて嬉しかった」と話した

音楽的にも成熟したと強調した。

ハン·スンヨンは「6年目の歌手の底力を見せたかった。音楽もより強いサウンドをたくさん使って変化を与えた。美しい衣装、音楽、振り付けで皆さんを魅了したかった」と抱負を明らかにした。

 

 

最初の反応は爆発的だ。

『パンドラ』がオンラインで生中継されたショーケースで公開されるとカラはずっとリアルタイム検索語1位を守った。

各音源チャートでも1位を記録中だ。

 

カムバック舞台は来る24日KBS 『ミュージックバンク』で公開される。

所属事務所DSPメディアの関係者は「新しい姿をお見せするために多くの努力をした」と期待を要請した。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ