KBSがイ·ヒョリ’バッドガール’ MV非適格判定”変更後に再審議”

イ·ヒョリの’バッドガール’ミュージックビデオがKBSで非適格判定を受けた。

5月24日、KBSによると、イ·ヒョリの’Bad Girl’(バッドガール)ドラマバージョンのミュージックビデオは放送非適格判定を受けた。


ミュージックビデオの中の先生の暴力行使や教師による女子生徒へのセクハラ場面が問題とのこと。

イ·ヒョリの所属事務所B2Mエンターテインメント関係者はこの日”ミュージックビデオの修正後に再審議を申し入れた”と明らかにした。

hyori-130524


KBSで放送非適格判定を受けたイ·ヒョリ’バッドガール’のミュージックビデオはMBCとSBSでそれぞれ15歳、12歳等級判定を受けた。

‘バッドガール’ミュージックビデオには、イ·ヒョリをはじめ数々の芸能人が特別出演した。

チャン·ユンジュは悪い女であるイ·ヒョリを逮捕する警察に、キム・スルギは強硬な女教師に扮している。


イ・ヒョリ『Bad Girl』MV動画




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ