KBSがイ·ヒョリの新曲’バッドガール’に関して12歳以上視聴可の判定

イ·ヒョリの’バッドガール’のミュージックビデオがKBS再審の放送資格判定を受けた。

5月30日、KBSによると、イ·ヒョリ’Bad Girl’(バッドガール)ドラマバージョンのミュージックビデオは、修正を経て、12歳以上視聴可判定を受けた。


以前にKBSはイ·ヒョリの’バッドガール’ミュージックビデオの中の先生の暴力行使と教師による女子生徒へのセクハラ場面を指摘し、放送非適格判定を下した。

所属事務所B2Mエンターテイメントは、ミュージックビデオを一部修正し、再審議を申請した。

hyori-130530


イ·ヒョリの’バッドガール’のミュージックビデオが放送適格判定を受けたことに基づいてKBSでも”バッドガール”のミュージックビデオを見ることができるようになった。

イ·ヒョリ’バッドガール’のミュージックビデオはMBCとSBSでそれぞれ15歳、12歳等級判定を受けた。


一方、イ·ヒョリの’バッドガール’は各種音源チャート上位圏を維持し、愛されている。

“バッドガール”のミュージックビデオには、イ·ヒョリをはじめ、多くのカメオが特別出演した。

MVでチャン·ユンジュは悪い女のイ·ヒョリを制圧する警察に、そしてキム・スルギは強硬な女教師に扮している。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ