故キム·ヒョンシク『雨のように音楽のように』がヒップホップ版で登場

故キム·ヒョンシクの”雨のように音楽のように’が初めてヒップホップ曲として再解釈された。

6月12日、2年ぶりに発表されたウォンソゲンの正規3集アルバムタイトル曲’雨が降って(Rain)(feat.パクスミン)’は故キム·ヒョンシクの”雨のように音楽のように’をサンプリングして、多くの関係者から好評を得ている。


Mnet ‘ボイスコリア2’で実力を認められたパクスミンがフィーチャリングしたタイトル曲”雨が降って’は、フィソン、ウララセッションなどの作曲家Donnie Jのアレンジでソウルフルでグルーブ感のあるビートの上にウォンソゲンだけの感性的なラップが加味されて、新しい結果をもたらした。

kimhyonsiku-130613-01
kimhyonsiku-130613-02


これまで多くの歌手たちからリメイクされたキム·ヒョンシクの”雨のように音楽のように’はヒップホップで再解釈されるの今回が初めてだ。

ウォンソゲンは、 “別れの後の愛’でデビューして’デジタルアワードで新人賞を受け、多くのマニアの支持の中で活動してきた。

またウォンソゲンは、シンガーソングライターとしての力量だけでなく、本人が直接ミュージックビデオを企画し制作するなど、ディレクターとしての面貌を誇示してきた。

特に昨年発売されたソ·ヨンウンの”初めての恋を探します”のミュージックビデオの監督では感性的な演出を披露した。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ