MBLAQが世界ツアー出発前に韓国のファンに新曲のプレゼント

エムブラックのスペシャルアルバム’Love Beat(ラブビット)’の音源が公開されている。

6月に発売した5枚目のミニアルバム”SEXY BEAT(セクシービット)”に続く今回のスペシャルアルバムには、人気作曲家チームイースタンサイドキック”No Love”、 “I don’t Know”をはじめ、ジオとホッキョクグマの’祈り’が含まれて総9曲が収録された。

タイトル曲’No Love’は’戦争だ’以後エムブラックとイースタンサイドキックが再び手を組んだ曲で無限の純愛的な愛を詩的に表現した歌である。


特に起承転結を明確にさせて凉しくて裂けるようなエムブラックのボーカルが暑い夏に涼しさを与えてくれると期待される。

mblaq-130812


また、愛する恋人を見つめることしかできない男の心情を歌った’祈り’はジオと”モナリザ”の作曲家としても有名なギムジイン(ホッキョクグマ)が初めてコラボレーションした曲だ。

以前にジオは、ソロプロジェクト”私の夢でも”、”愚かな私”などを直接作詞、作曲して関係者から、優れたメロディーセンスと感性的な歌詞で認められたことがある。

ギム・ジイン作曲家(ホッキョクグマ)はエムブラックの’STAY’、 ‘モナリザ”などの活動をして既に長い間、息を合わせてきたので、エムブラックのみの感性でエムブラックだけが呼び出すことができるバラードトラックが完成した。


所属事務所のジェイチューンキャンプ側は”今回のスペシャルアルバムは、今年の下半期エムブラックがグローバルツアーを出発する前にファンのために直接アイディアを出して企画制作したアルバムである。そこにメンバージオの自作曲も、未完成の段階で公開した’祈り’を今回のアルバムでは完成して収録し、ファンのために今回のスペシャルアルバムが完成したといえる。グローバルツアーのためにしばらく離れるが、常にファンのために活動しているメンバーたちのメッセージを埋め込もうと努力した”と明らかにした。


一方、8日(現地時間)、メキシコをはじめとグローバルツアーに本格的に導入し、盛況のうちに公演を終えて11日午後に帰国したエムブラックは2013エムブラックグローバルツアー第2弾として、来る14日、日本の名古屋に出国、3つの都市(名古屋、東京、大阪)ジェフ·ツアーに出る予定だ。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ