【詳細レポ】エムブラックの日本ツアーが正常終了「アンコールが殺到」

エムブラックが’2013エムブラックグローバルツアー”日本公演を盛況裏に終えて帰国する。

最近名古屋を皮切りに東京、大阪で計5回にわたり開催された今回のツアーは昨年、 “ブラックパーセントツアー”に続く二番目の日本単独コンサートであり、エムブラックの初の日本3大都市ツアーだ。


“スモーキーガール”を含め、最近発売された”No Love”まで様々な舞台を披露したエムブラックは、彼らだけの強烈なパフォーマンスと甘い歌でファンと一緒に走り、ファンと近くで呼吸した。

ファンたちは公演時間中、一瞬の間も見逃すことがないようエムブラックから目を離さなかった。

mblaq-130822


特に8月21日大阪公演では、最後のステージを惜しむファンたちが退場せずにエムブラックを連呼して舞台を降りてきたMBLAQが再び舞台の上に上がって二番目のアンコール舞台を披露するなど、エムブラックとファンが一つになって感動的な舞台を披露した。

また、今回のツアーで注目すべき点は、現地の主催者に当日についてのお問い合わせが絶えなかったこと。

初めての公演直後の公演の完成度と楽しさなどのうわさが立ってエムブラックファンだけでなく、日本の韓流ファンの間でも話題になってあらかじめチケットを購入できなかった観客が公演当日の日程を問い合わせるなど、追加公演の問い合わせの要求が殺到したのだ。

これらの現地ファンたちの熱い反応にNHK、日本テレビなどは73の現地メディアが今回のエムブラックグローバルツアーに注目し、公演当日には、熾烈な取材競争が繰り広げられた。

このように、今後も継続されるエムブラックの世界ツアーと追加アンコール公演成功するかどうかに関心と期待が後を絶たない見通しだ。


一方、エムブラックは8月31日、韓国観光公社が主催する’2013コリア·イン·モーション·フェスティバルの広報大使としてKポップだけでなく、韓国の優れた公演を国内外の視聴者に広く知らせる予定だ。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ