日本のメディアが韓国歌手PSYの”江南スタイル”に疑問”ユーチューブでの順位はおかしい”

PSYへの日本メディアによる批判に対する韓国メディアの記事

最近のユーチューブの仕様変更によってPSYの曲がランキングから消えたことに対するもの。新しい仕様では再生回数ではなく再生時間を主眼においている

 



日本のマスコミが国際歌手サイの” 江南スタイル”の人気に再び疑問を投げかけた。

去る16日、日本のインターネット媒体RBB TODAYは、 “ブームがいきなり終焉!?K-POP”江南スタイル”がランク外に消える”珍事”が勃発というタイトルでYouTubeのアルゴリズムを変更したら、サイの”江南スタイル”がランキング上位から消えたと報道した。

 

 
皮肉なことに、この記事は17日午後までに、日本のヤフーエンターテイメント欄で最も人気なニュースの1位に上がった。
 
日本では’江南スタイル”の人気は低調だが、日本人の関心は高いという証拠だ。
 
この媒体によれば、YouTubeは去る12日から数での視聴時間まで順位に反映することで順位を決定する構造を変更した。
 
その結果、先週まで1位を守っていたサイの”江南スタイル”の順位が最大100位まで落ちて引き起こされたことがあったとのこと。
 
続いて、この媒体は”この変更が”江南(カンナム)スタイル”のランキングにどのような影響を与えたか定かでないが、不自然に高い再生回数で話題になったK-POP歌手の人気を疑う人が多くなった”としながら”捏造された人気がバレてしまった””嘘はいつか現れる”などの日本ネットユーザーたちの否定的な意見をそのまま報道した。
 
J CASTもやはり”江南スタイル”のユーチューブ照会数が4億ビューを突破したことについて、 “どの国からアクセスしたかは、プロキシサーバーを利用してバイパス接続すれば、比較的簡単に偽装することができる”としながら”このような点からモンゴルで高いクリック数を記録したことが操作の痕跡ではないかと思う”とユーチューブの順位操作を疑った。
 
一方、このような日本の中傷にもPSYの”江南スタイル”は17日(現地時間)、米国ビルボードチャートで4週連続2位を獲得した。
 
サイはオーストラリアでの日程を終えたら、米国LAに移動して、現地のマネジメントを受け持っているスクーター·ブラウンと会って、現地プロモーションに積極的に乗り出す予定だ。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ