4週連続2位の韓国歌手PSYアメリカで活動再開によるビルボード1位の可能性は?

4週連続2位の韓国歌手PSY

 



アメリカでの活動を再開するサイがビルボード1位という偉業を達成することができるだろうか?

10月18日ビルボードドットコムによると、サイの”江南スタイル”は、ビルボードホット100で2位を記録、4週連続2位の座を守った。

内心1位への欲を出していたファンたちの立場では物足りなさが残る状況。

サイもやはり自身のme2dayに”ビルボード2位を惜しむ日が来るなんて”と文を書いた。

 

 

1位はマルーンファイブの”ワンモア·ナイト”が占めた。

マルーンファイブは5週連続1位を記録した。

サイの”江南スタイル”は、ラジオの再生回数である”エアプレイ”の評価項目でマルーンファイブの”ワンモア·ナイト”の後になり、2位にとどまった。

サイは4週連続2位にランクされて1位への物足りなさを加えた。

しかし、1位に劣らない、好まい2位だ。

4週連続2位という点では、サイの”江南スタイル”熱風が単純な流行ではないだったことを実証するからである。

サイは、ほぼすべての集計で”ワンモア·ナイト”を上回ったが、その間、ラジオ放送でも一度涙を流した。

しかし、これも惜しむ必要はない。

韓国語で、特に世界の大衆文化の中心地である米国では見知らぬ韓国歌手がラジオチャートでは劣勢なのは当然。

しかし、チャンスはある。

サイが米国の活動を再開するためである。

サイが米国の活動を再開し、放送活動も活発に進行される予定だ。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ