グローバルジェントルマンのPSYvs歌王の帰還チョ·ヨンピル-果たして勝者は?

サイとチョ·ヨンピルでチョ·ヨンピルの公演を見るという回答がサイの公演を見るという回答を上回った。

昨年’江南スタイル’で全世界を驚かせたサイは、4月13日新曲’ジェントルマン’を発表した。


‘ジェントルマン’は、YouTubeのヒット記録更新、ビルボードホット100チャートランク、米NBCトゥデイショー出演など国内外の人気を継続している。

psy-130507


4月23日には歌王チョ·ヨンピルが10年ぶりに19集アルバム’ハロー’を発表してアルバム販売量11万枚を突破した。

チョ・ヨンピルは”バウンス”とサイの’ジェントルマン’を抜いて23年ぶりに国内地上波放送歌謡順位番組で1位に上がった。

韓国ギャラップは、4月29、30日、5月2日の3日間、全国満19歳以上の男女1,005人を対象にサイの新曲ジェントルマンとチョ·ヨンピルの新曲などについて尋ねた。

サイ’ジェントルマン’のミュージックビデオを見たことがあるかという質問に74%が”見ている”と答えた。

サイのミュージックビデオは、すべての年齢層の関心を受け60歳以上でも半分以上(56%)がサイのミュージックビデオを見たことがあると回答した。

年齢が幼いほど、視聴経験者が増え、20代の視聴経験者は89%に達した。

サイの’ジェントルマン’のミュージックビデオを見たことがある人(740人)とのミュージックビデオが面白いかどうか尋ねたところ、10人中6人( 63%)は”おもしろい”と反応を見せた。

“面白くない”は30%、 “わからない/答え拒否”は7%であった。

‘ジェントルマン’のミュージックビデオが面白いという反応は、女性(58%)よりも男性(68%)で多く、20/30代(70%、 68%)、低年齢層の反応が最も大きかったが、40代以上でも60%近く面白いという反応を見せた。

サイの’江南スタイル”のミュージックビデオに登場した’マルチュムダンス”は、全世界的に流行した。

今回の’ジェントルマン’の’小生意気ダンス’ではサイの’小生意気ダンス’をやったことがあるかと尋ねたところ、 “まねしたことがある”という人は10人のうち2人程度(18%)であった。

昨年9月10、11日に全国の満19歳以上の630人の調査では36%がサイの’マルツム’に踊ってみたことがあると回答した。

小生意気ダンスは以前のダンスほど影響力はないようだ。

チョ·ヨンピルの19集”ハロー”や”バウンス”を聞いたかどうか尋ねたところ、64%が”聞いたことがある”と回答した。

チョ·ヨンピルの新曲を聞いたことがある人は、20〜40代まで70%前後に達し、50代61%、60歳以上でも半分近く(46%)が聞いていた。

機会がある場合、サイとチョ·ヨンピルの中でどちらの公演実況を見たいと思うか尋ねたところ、 ‘チョ·ヨンピル”53%、”サイ”38%で歌王チョ·ヨンピルの公演を選んだ人が多かった。

“わからない/答え拒否”は10%であった。

20/30代は”サイ”の公演、40代以上では’チョ·ヨンピル’の公演をより多く選択して年齢別の違いを見せた。

最近KBSは、サイの”ジェントルマン”のミュージックビデオを公開施設毀損を理由に放送非適格判定を下している。

この判定の妥当性を尋ねたところ、 “適切である” 30%、 “適切ではない” 47%として不適切だという意見が多かった。

“分からない/意見留保”は23%であった。

60歳以上を除くすべての年齢層では”適切である”よりは”適切ではない”という意見が多く、特に30代から不適切意見が61%と最も多かった。

‘ジェントルマン’のミュージックビデオ見たことある人(740人)の中では不適切だという意見(54%)が多かったが、ミュージックビデオを見たことがない人(265人)の中では、適切レビュー(32%)が不適切コメント(26%)より多かった。

これらは、主に60歳以上の高年齢で見ることができる。

今回の調査対象は、携帯電話RDD標本フレームから無作為抽出し、標本誤差は±3.1%ポイント(95%信頼水準)である。


ソース:http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201305071619232310&code=100200




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ