RAINがファッション事業において20億ウォンの損害賠償訴訟を起こされる

軍に服務中の歌手Rain(本名チョン·ジフン ·31)が、ファッションブランド事業と関連し、数十億ウォン台の訴訟に巻き込まれた。

18日、法曹界によると、衣料品事業家イさんは”金を返してほしい”とジェイチューンクリエイティブ大株主のピと代表のチョ某さん、常務カン某氏を相手に20億ウォンを請求する損害賠償訴訟をソウル中央地裁に提起した。

李氏は”ジェイチューン側が’20億ウォンを投資すれば3年間のうちに会社の流通網を通じて収益を保証する”とファッション事業に参加することを要請した”とし、 “これに2008年2月20億ウォンを投資した”と主張した。

しかし、 “衣料品の製造を開始したらジェイチューン側は会社資本金50億ウォンの半分である22億5000万ウォンをレインの3年分のモデル料として一度に支給した”とし、”株式払込金の納付過程で違法を隠したまま会社資本金のほとんどをモデル料や個人の活動支援金などの名目で使用した”と指摘した。

先立ってイ氏は2010年 4月にレインが大株主として参加した衣類会社と納品契約を締結し、20億ウォンを投資したが、販売不振で損失が出るとピやチョ氏などを横領·背任容疑などで告訴した。

これに検察はレインに対して無嫌疑処分を下して残りの二人は会社の資金10億ウォンを任意に使用した疑いで起訴し、裁判所は有罪を宣告した。

以降2011年9月ソウル高等検察庁はRainに対して”捜査が生ぬるい”として再捜査命令を下したことがある。

 

ソース:http://media.daum.net/entertain/enews/view?newsid=20130318162609188




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ