バスカーバスカーの『桜エンディング』が再び音源チャートで1位に「なんで?」

バスカーバスカーの”桜エンディング”が音源サイトで1位を奪還した。

バスカーバスカーの”桜エンディング”は、3月19日午後3時現在の音源サイト”オレミュージック”リアルタイムチャートで1位を記録した。 2012年3月29日1集”バスカーバスカー”の発売以来、約1年ぶりだ。


現在のバスカバーサス”桜エンディング”は、各音源サイトで上位圏に名前を上げて底力を誇示している。

 

basukabasuka-0319

この曲は、音源サイトメロンでは6位、エムネットでは11位、バックス33位、サイワールド4位にランクされている。

1年前の歌がチャートに再入して順位圏に上がるのは極めて異例のことだ。

バスカーバスカーの歌が全般的に上昇傾向を見せている中、これらの順位がどこまで上がるのか成り行きが注目されている。


一方、バスカーバスカーは2011年Mnet”スーパースターK3″の準優勝者だ。

以来、高アルバム販売量と音源順位でMAMA、ガオンアワードなど2012年各種年末授賞式で新人賞を総なめにした。

 

ソース:http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201303191602471210&code=100200




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ