神話はなぜ正規アルバムこだわったのか?(インタビュー)

神話が10曲を埋め尽くした正規アルバムでカムバックした。

5月16日に発売された神話11集”The Classic”は、デビュー15周年を迎えた最長寿アイドルが見せることができるゆとりとセクシーさ、老練さが盛り込まれた。


デジタルシングル、ミニアルバムなどが歌謡界のトレンドとして定着した。

大衆は簡単に飽きて音楽記号はあっという間に変わる。

急速に変化するトレンドの中では、デジタルシングル、ミニアルバムが有効。

こうした中、神話は自信を持って正規アルバムを発表した。

shinwa-130517


1年ぶりにカムバックした神話は、 “トレンドに沿ってミニアルバムやシングルアルバムを出すこともできるが、神話のこれまでとはちがう、新スタイルで生まれ変わるという象徴的な意味もあってアルバムを出した”と話した。

エリックは”昨年カムバックしてから、毎年のデビュー日に合わせて公演をしてアルバムを出そうと努力している”と明らかにした。

シン·ヘソンは”11集です。デビューして15年になったメンバーたちが軍隊生活で生じた空白期などを除いては、ほとんど1年に一回は正規アルバムを出してきた。15年の間にメンバー交代なしでずっと活動しているということも私たちにとって意味深い”と11集” The Classic “の意味を説明した。

続いて、 “曲数を少し減らしてアルバムを作成すると、より楽ができる。だが待っているファンにもう少し満杯になったアルバムをプレゼントしてあげたいという気持ちもあったので、気を使った。ジャケット写真はチョ·ソンヒ作家と撮影して100P以上の写真集にした。細部にこだわっていろいろな想いを詰めて作ったアルバムだ”と述べた。

そのように念を入れて作ったアルバムが11集”The Classic”である。

アルバム名で感じられるように”古いものは決して古いものではなく年月が経つほど価値を認められているブランドであることを見せてくれる’という覚悟を込めた。

神話は、 “‘本物の、洗練、上品な”という意味を込めた。今の神話の現在の位置を代弁するようで私たちもそうなるために努力する”と説明した。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ