神話が3日連続で日本独占公演を成功’1世代韓流スターの威厳”

神話が3日間、日本列島を熱くした。


神話は去る7月13日(土)から7月15日(月)まで、東京にある幕張イベントホール(Makuhari Event Hall)で開催された’2013神話グランドツアー”ザ·クラシック”東京”(2013 SHINHWA GRAND TOUR” THE CLASSIC “in TOKYO)で先に進んだアジアツアー公演の爆発的な反応を継続して停止していない”伝説の神話”を実証した。

sinwha-130716


何よりも、今回の日本公演は、既存の神話のコンサートはほとんど二日で開催されたのとは異なり、13日(土)と14日(日)、15日(月)まで3日にかけて3回の公演で行われたものであり、より一層注目を集めた。

これは神話が1世代アイドルたちと一緒に活動したデビュー以来、二回目の開催した最長連続公演日数で、今回の11集アルバム活動で”第2の全盛期”と呼ばれる神話の高い人気を証明するものもして意味を加えている。

また、神話は10年前から今年のライブバンド(All Live Band)を立てて公演の質を高めたライブ、今回の公演も、 “神話”と言えば浮び上がる派手なパフォーマンスと”聴く楽しみ”を伝えて名実共に最高のアイドルダンス歌手としての威厳を現わした。

特に3日連続で開催された日本公演には2万人余りのファンたちが席をいっぱいに埋め六メンバーたちへの深い愛情を表わして目を引いた。

昨年の神話の10集アルバム’THE RETURN’のアジアツアーコンサート以来1年ぶりに神話を向き合った多くの日本のファンたちは、ときめきと喜びを隠せずに終始神話を連呼して爆発的な反応を見せることで会場の雰囲気を盛り上げたという裏話。

ここに神話メンバーたちは”Only One” “Hey、Come On ” TOP ” Perfect Man”など数々のヒット曲で舞台を休むことなく行き来してコンサートの雰囲気をより一層高めさせ、日本では初めてリリースする今回の11集タイトル曲’This Love’の振り付けでセクシーな魅力まで発散し、今回の公演の画竜点睛をとってファンを興奮のるつぼに追いこんだ。

また、この日の公演には”TVLIFE” “FM KYOTO”などをはじめとする40以上の現地の放送とメディアが参加して熱い取材熱気を見せて’グローバル神話’の人気を改めて実感させた。

ここでメンバーのキム·ドンワンは、コンサートのステージで13日12時発表された神話の日本公式ファンクラブ誕生ニュースを直接日本語で伝え、その地位を強固にすることもした。

ここに神話カンパニーの関係者は”事実3日間進行された今回の日本コンサートでメンバーたちは体力的に疲れたが、現場を埋め尽くしたファンの期待を上回る爆発的な反応で神話のメンバーたちにもエネルギーを注いでくれたようだ”とし、”熱い反応で神話を応援してくれた日本のファンに心から感謝の意を伝える。ファンの期待に応えられるよう、常に最善を尽くす”と伝えた。


一方、日本で行われた3日間のコンサートを成功的に終えた神話は来る20日(土)北京マスターカードセンター(Master Card Center)での北京コンサートと8月3日と4日、ソウルオリンピック公園体操競技場で進行されるソウルコンサートで’2013神話グランドツアー”ザ·クラシック” “を継続する予定だ。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ