SISTAR、IVY、AFTER SCHOOLが13日大挙してカムバック「勝者は誰?」

大型人気歌手たちがどっと押し寄せてくる。

6月13日放送されるMnet ‘エムカウントダウン’には、多くの歌手がカムバック舞台を持つ。


シスター、アイビー、アフタースクール、ネルなどがその代表格だ。

彼らは、すでに12日の事前録画を終えた。

派手なスケールとパフォーマンスを用意して完成度の高い舞台を披露するためだ。

続いて13日の生放送舞台にも上がってファンたちに会う予定だ。

kpop-130613


まず先だってtvN ‘SNLコリア’で最初にI Danceの舞台を公開したアイビーは’エムカ’でバラード収録曲を追加で見せてくれる予定だ。

アイビーは’I dance”でセクシークイーンとして帰還しただけに期待が集まっている。

以前、セクシーな女性歌手として肩を並べていたイ·ヒョリからバトンを受け継いでアイビーがアイドルを抑えて良好なパフォーマンスを見せてくれるのか関心が集中している。

またシスターは”ギブ·イットトゥミ’(Give it to me)でカムバックを知らせ音源チャートをすでに制圧した状態だ。

“健康的なセクシーさ”を維持しながら、ボーカルの魅力を極大化して一層アップグレードされた魅力で帰って来たシスターはタンゴと愛の狭間で痛みを感じる女性の悲しみを切々と表現した。

まるで’ムーランルージュ’を見ているような感じになるだろう。

アフタースクールも”ポールダンス”という超強気のダンスで久しぶりに舞台に上がった。

これまで派手で風変わりなパフォーマンスで認められてきたアフタースクールは、最高難度のポールダンスに挑戦し、パフォーマンスの極地を見せるという覚悟だ。

ポールダンスは、ダンスとスポーツを組み合わせたジャンルの一つでポールを用いて身体の美しいラインを表現する高次元の芸術。

モダンロックバンドのネルも大型歌手たちの間で、新しいアルバム”Escaping Gravity”を電撃公開し、最初のステージを持つ。

タイトル曲”Ocean of Light”は、新しい自分を探して夢を成し遂げる明るく希望に満ちた歌詞と揺れる光の海を連想するメロディが印象的な曲だ。

音源公開直後な音源チャート上位圏を記録したネルが今度はどんな舞台を見せてくれるファンの期待がさらに高まっている。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ