SMショー、3万人を動員して盛況のうちに終了

SMショーが無事に終了

 



SMエンターテイメントが新たに試みた展示会が19日、10日間の日程を終えて盛況のうちに終了した。

去る10日から19日まで、ソウル三成洞のCOEXで行われた『SMART EXHIBITION IN SEOUL(以下SMショー)』は、SMのコンテンツに最先端のデジタル技術を組み合わせたエンターテイメントとITの体験前に3万人を動員した。

観覧便宜のために毎日観覧人員を制限したが、このうち海外来場者が50%にあたる1万5千人を記録した。

今回の展示会では、SMのスターたちを巨大なパノラマスクリーンを使って目の前で直接会うような体験の3D立体映像館とまるでシャイニーが実際に登場して公演をするような実写ホログラム上映アイテムなどが最大の人気を享受した。

 

 

高さ13mのツリー型スクリーンを使用して中継されたスターとのビデオ通話、スーパージュニア、シャイニー、f(x)と来場者が映像の中で一緒に踊るような感じを与える拡張リアル映像ショー、特殊撮影技術を直接体験するだけでなく、実際に少女時代、スーパージュニア-Mのミュージックビデオと合成した映像をプレゼントしてくれるアイテムなどインタラクティブな要素も来場者の楽しみを高めた。

また、公式パートナーであるKB国民カードとVISAをはじめ、サムスン電子、現代自動車、キヤノン、KT、BOSE、ソビコなどのグローバル企業とのコラボレーションで誕生したアイテムは一層高まった文化コンテンツの価値と地位を実感させた。

 

 

米国サンフランシスコから来場者は「実写ホログラム映像で、実際のシャイニーが目の前にいるようなリアルさに惚れた。特にそれ以外にも見るだけではなく体験することができるインタラクティブなアイテムが多く、時間が経つのが早かった」と話した。

SMショーはITだけでなく、芸術とも組み合わせることによるガーナアートとのコラボレーションで、 『SMART EXHIBITION創作アート公募展』を開催、SMのアーティストをモチーフにした若手作家と一般応募者の中の優秀作品を展示した。

19日には少女時代のユリが直接大賞作授賞に参加し、同じ日にソウルオークションの進行をして現場で国内の有名作家の作品がオークションにかけられた。

SMショーは来年4月にワールドツアー展示の最初の都市である台湾の台北でも繰り広げられる。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ