少女時代が台湾で大騒動を引き起こす「2万人の観客が熱狂」

少女時代がワールドツアー海外初公演である台湾コンサートを成功裏に終えた。


少女時代は7月20〜21日の両日、台湾の台北アリーナで’2013 GIRLS ‘GENERATION WORLD TOUR-GIRLS&PEACE in TAIPEI “を開催し、多彩なパフォーマンスと派手な舞台演出が調和した素晴らしいパフォーマンスで会場を埋め尽くした22,000人の観客を完全に魅了した。

snsd-130722


今回の公演で少女時代は’Gee’、 ‘願いを言って見て’、 ‘Hoot’、 ‘Oh!’、 ‘The Boys “などのヒット曲パレードをはじめ、” I Got a Boy “、” Dancing Queen “、” Express 999 ‘などの正規4集の舞台、 “Paparazzi”、 “Flower power”など日本のヒットシングル舞台まで総28曲の多彩な舞台をプレゼントして熱狂的な呼応を導いた。

また、観客たちも少女時代のための特別なイベントを準備し、初日には、カードのセクションにメンバーの名前の最初の文字を刻み、’6周年おめでとうございます’というスローガンを掲げて、二日目には”Baby Baby”で舞台と観客全員が一斉に’少女時代だから満足している”というフレーズのスローガンを広げて見せるなど、熱い熱気で少女時代のメンバーたちを感動させた。

さらに、公演に先立ち、7月20日午後5時から行われた記者会見には、単独コンサートで台湾を訪問した少女時代の姿を保持するために連合報、中国時報、自由時報、TVBS、GTVなど現地メディアが大挙参加し、熱い取材競争を繰り広げて少女時代の熱い関心を再び実感させた。


一方、台湾公演を盛況裡に終えた少女時代は、今後アジアはもちろん全世界でワールドツアーを継続する予定だ。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ