カン·スンユンがデビュー、ヤン·ヒョンソク”YG練習生3年目”

カン·スンユンがデビューする。

オーディションプログラム’スーパースターK’出身のカン・スンユンのYGエンターテイメントの3年間の実践生活最後のデビューが確定した。


YGエンターテイメントのヤン·ヒョンソク代表プロデューサー(以下、ヤン·ヒョンソク代表)は6月20日YG公式ブログ-FROM YGでカン·スンユンデビューのニュースを伝えた。

ヤン·ヒョンソク代表は”カン·スンユン、初のソロアルバムは6曲が収録されるミニアルバムでアルバム作業はほぼ完成段階、来る7月15日” WILD AND YOUNG “という最初の曲を先行公開する予定だ”と明らかにした。

sunyun-130620
sunyun-130620-02


“WILD AND YOUNG”は、YGのメインプロデューサーであるテディの作品で今までにテディがリリースした前作とは異なり、強力なロックのジャンルの曲だ。

これに対してヤン·ヒョンソク代表は、 “ハスキーながらもすっきりと歌い上げるカン·スンユンのボーカルがよく合って暑い夏に非常によく似合う曲だと思われる”とし、”残念ながら先行公開曲”WILD AND YOUNG”は、放送活動を予定しておらず、現在のカン·スンユンの最初のアルバム発表日を調整中である21日に説明するのでそれに応じて適切なアルバム発表日が決定するだろう”と話した。

カン·スンユンは、ビッグバンの’BLUE’と2NE1の”LONELY”を演出したハンミン監督の”WILD AND YOUNG”のミュージックビデオの撮影中であることが分かった。


一方、ヤン·ヒョンソク代表は6月21日YGの新人グループについても発表する予定だ。


以下は、FROM YGの文章。

オーディションでプロとしてすぐにデビューした人とは違い、 ‘スーパースターK’出身のカン·スンユンはYG練習生の身分になって過去3年間、YGでハードな練習過程を経ました。

以前オーディションプログラム当時、 “本能的に”という曲が大きな人気を得て人気シットコム出演経験まであったので、これまでカン·スンユンのデビュー時期を気にされる方が多かったようです。

まず、よいニュースから伝えようと思います。

カン·スンユンの初のソロアルバムは6曲が収録されるミニアルバムでアルバム作業はほぼ完成段階で、来る7月15日”WILD AND YOUNG”という最初の曲を先に公開する予定です。

“WILD AND YOUNG”は、YGのメインプロデューサーであるテディの作品でありながら今まで彼がリリースした前作品とは異なり、強力なロックのジャンルの曲としてハスキーながらもすっきりと歌うカン·スンユンのボーカルがよく合い、暑い夏に非常によく合う曲だと思います。

カン·スンユンは、昨日と今日のビッグバンの’BLUE’と2NE1の”LONELY”を演出したハンミン監督の”WILD AND YOUNG”のミュージックビデオの撮影中です。

残念ながら先行公開曲”WILD AND YOUNG”は、放送活動を予定しておらず、現在のカン·スンユンの最初のアルバム発表日を調整中であり、明日に説明するのでそれに応じて適切なアルバム発表日が決定します。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ