T-ARAの演技挑戦によるドラマへの影響

ティアラのメンバー3人が現在ドラマ出演している。それに対しては事態と関連して賛否両論

 


 

ティアラが今度は演技で対決だ。

去る17日、ヒョミンの出演で話題を集めたMBC “『千人目の男』が電波に乗った。

古典的な素材である九尾狐を現代的に再解釈した『千人目の男』でヒョミンは遊び人のク・ミモ役で無難な申告式を終えた。

そして18日の今日は、同じティアラメンバーのウンジョンが主演を引き受けたSBS 『五本の指』が電波に乗る。

また他のメンバーソヨンはすでにKBS “『雲台(ヘウンデ)の恋人たち』に出演中だ。

いじめ説という不幸な事件により、当分の間活動を停止することを宣言した彼女たちはこのように舞台ではなく、ブラウン管を通じて視聴者たちに着実に顔を出していっている。

しかし、これらの相次ぐ演技挑戦に視聴者たちの反応はまだクエスチョンマークだ。

 

先に明らかになったいじめ説とメンバーファヨンの脱退をめぐる論議の中、当事者であるティアラのメンバーは、そのどの席でもそれに関連する事項では言葉を慎んだ。

メンバーソヨンはドラマ『海雲台(ヘウンデ)の恋人たち』の制作発表会に参加しており、シチュエーション·コメディー『千人目の男』の制作発表会に参加したヒョミンは質疑応答で『ファヨンいじめ説』が事実なのかという質問に答えられず涙を流した。

『五本の指』の制作発表会に参加したウンジョンもずっと頭をうなだれていただけで、明確な解明は聞くことができなかった。

そしてこれは完全に彼女たちが出演するドラマの打撃につながり、問題は深刻になっている。

これらが出演するドラマは、放映前から視聴拒否が相次ぎ、これは単なる視聴拒否を越えてドラマ自体への抵抗感と製作陣への不満につながる悪循環を生んでいる。

視聴率も通常一桁に留まって苦戦を強いられている状況だ。

まだ蓋を開けていないSBS 『五本の指』は、話題の中で終了した『紳士の品格』の後続で、4回分量までは子役でいっぱいになる予定なのでウンジョンの分量が今日すぐに放送に乗ることはない。

ただし、既に『海雲台(ヘウンデ)の恋人たち』と『千人目の男』がそうだったようにこれらの出演により、放映前に吹いていた抵抗感が再び続くのか分からない状況だ。

 

解決策は一つだけだ。

それはどんな議論も出てこないほどの演技力でティアラのメンバーではなく、劇中のキャラクターに完全に溶け込むこと。

果たして彼女たちは現在の議論を投げ捨てて歌手ではなく、演技者としての跳躍を成し遂げられるか。

是非、彼女たちが今まさに開始を発表したドラマへの歩みが得になることを願うばかりだ。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ