済州島で公演を行ったT-ARA 『10分間(テンミニッツ)の屈辱』を経験「沈黙のみ」

済州島で公演を行ったT-ARA だが未だに一部の人からの反発は強い

 



論難の中で活動を再開したガールズグループティアラが初公開舞台でファンたちの冷ややかな視線を直接経てきた。

ティアラは8日午後7時、済州島 ICC野外特設舞台で開かれた『2012 世界自然保全総会』記念Kポップエココンサートに参加した。

以前までティアラは6日、ケーブルチャンネルMnet 『エムカウントダウン』と8日、MBC 『ショー!音楽中心 』に出演したが、ファンたちに直接向き合うことがない録画形式で放送を進行した。

そのため、この日の済州島舞台が事実上議論してティアラがファンたちの反応を知ることができる初めての舞台だった。

 

 

結果は残酷だった。

この日の舞台でティアラはカムバック曲『セクシーラブ』を振り付けと一緒に熱唱したファンたちはどんな叫び声も出さなかった。

この日ティアラの舞台の屈辱は、インターネットの掲示板やSNSなどを介して『テンミニッツ』と呼ばれて追い打ちをかけるように広がっている。

『テンミニッツ』は、一般的に舞台に上がる歌手の2曲以下のことをそう呼ぶのだが、その時間は10分余りである。

この時間の間ファンたちはどんな叫び声も、応援も送らない。

ティアラの済州島舞台はネットユーザーが撮影した映像が動画サイトユーチューブに掲載された。

4分余りの動画でティアラの『セクシーラブ』では応援も聞こえない。

歌手らが最も嫌い、恐れる反応がないという状況が起こったのだ。

会場を訪れたというあるネットユーザーは「ティアラが舞台に上がるとすぐにブーイングが起こり、公演中冷淡な反応を見せていた」と当時の状況を伝えた。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ