カムバックする餅ゴリラことパク·チニョン「若造にはない魅力?」

パク·チニョンがカムバックする。

JYPエンターテイメントは、8月28日パク·チニョンの新しいアルバムのティーザー写真を公開した。


JYPエンターテイメントは”パク·チニョンが9月2日10枚目のアルバム’Halftime’収録曲’愛が一番いい’を先公開し、9月9日タイトル曲’遊ぶだけ遊んでみた”などのアルバム収録曲全曲を公開する”と明らかにした。

jyp-130828


パク·チニョンの10枚目のアルバム’Halftime’は歌手、ダンサー、プロデューサーとして自分の人生を一生懸命生きてきたパク·チニョンが人生の中間点で’なぜ熱心にしてきたのか”と変わった人生の命題の悩みが込められたアルバムである。

先公開曲’愛が一番良い”は、人が生まれた理由、生きている理由などの差し迫った悩みを含んでいる。

パク·チニョン、自分がそれを見つけ、昨年の秋から行っていた中東とイスラエルの旅行中にこの曲を含む、アルバムのほとんどの曲を書いた。

タイトル曲”遊ぶほどおしゃべり’にも生活が終わることに恐れていないように目的と真理を見つける明確な目的を持って生きることを望む苦悩が込められている。

ティーザー写真にもこのような苦悩が込められている。

ティーザー写真には、現在のパク·チニョンが鏡の前に輝かれた将来の自分の姿を苦悩に満ちた目つきで見つめてどのように残りの人生を生きなければならないのかに対する悩みを表出している。

JYPエンターテイメントは”パク·チニョンの10枚目のアルバムである” Halftime ‘は、その中にダンサー出身であるパク·ジニョンがいつも愛していた黒人音楽のグルーヴ、子供の頃から受けた古典的な教育、指導者であるキム·ヒョンソクから受けた音楽理論教育、この三つが結合されて、自分の音楽の色を完成したアルバムと言えるほど優れた完成度の高いアルバム”と伝えた。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ