やはり東方神起を待つのは惜しくなかった。『Catch Me』のMV動画が公開一気にチャートのトップへ

カムバックする東方神起

 



東方神起の『キャッチ·ミー』が新しい東方神起の音楽スタイルで話題を集めている。

9月24日公開された東方神起の6集アルバムタイトル曲『キャッチ·ミー』(Catch me)は、この日の昼12時の公開以降バックス1位をはじめ、メロン、エムネットなど主要音楽サイトに名前を載せている。

タイトル曲だけでなく、収録曲も関心を受けて音楽ファンの注目を集めている。

 

 

東方神起は約1年8ヶ月ぶりに発表した今回のアルバムには東方神起のまた他の魅力を感じることができる11曲でいっぱいに満たされている。

タイトル曲『キャッチ·ミー』は、オーケストラの旋律とダブステップが調和を成した曲で、SMPを主に披露した東方神起が新たな変化を試みた曲だ。

東方神起は先立って公開されたティーザー映像を通じてパフォーマンス最強らしい舞台を予告した。

既存の差別化されたパフォーマンスをこっそり見せながらカムバック舞台に対する期待感を引き上げている。

 

一方、東方神起の『キャッチ·ミー』のアルバムは9月26日に発売される。

東方神起『Catch Me』公式ユーチューブMV動画


 
東方神起 - Catch Me (韓国盤)東方神起 – Catch Me (韓国盤)東方神起

SM Entertainment 2012
売り上げランキング : 7

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ