『カムバック』した東方神起、1年8ヶ月ぶりの帰還 『視線集中』

『カムバック』した東方神起

 



グループ東方神起が1年8ヶ月ぶりに新しいアルバムでファンのそばに帰ってきた。

東方神起は10月5日午後放送されたKBS2 『ミュージックバンク』に出演して今回のアルバムのタイトル曲『キャッチミー(Catch Me)』と『I don’t know』の舞台を披露した。

彼らはこの日、ファンに完璧なパフォーマンスで、まるで一編のミュージカルを見るような舞台をプレゼントした。

 

 

あわせて強烈な印象を与えながらも、簡単に真似ることができる振付と壮大なオーケストラの旋律が調和した新鮮なメロディーはファンたちの目と耳を同時にひきつけた。

タイトル曲『キャッチ·ミー』は、トレンディなダッチエレクトロニックサウンドが加味された、華やかなオーケストラ旋律、耳を強く刺激するダブステップとメロディーラインの調和が新鮮なダンストラックで、東方神起だけの差別化されたパフォーマンスが調和しているという評価だ。

また、 『キャッチ·ミー』の振り付けは、世界的な振付師トニーテスタが引き受けて完成度をさらに高め、ファンに『ハルクダンス』『ヨントゥルイム踊り』『 鏡ダンス』などの様々な名前で呼ばれている。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ