東方神起『人気歌謡』にカムバック。華やかさが光るこれが『本物』のパフォーマンス

東方神起が『人気歌謡』にもカムバック

 



東方神起が名声にふさわしい次元のパフォーマンスを見せてくれた。

東方神起は10月7日放送されたSBS 『人気歌謡』(MCアイユ、イ·ジョンソク)で『アイドンノー』(I don’t know)と『キャッチ·ミー』(Catch me)を披露してカムバックした。

1年9ヶ月ぶりにカムバックした東方神起は去る5日KBS 2TV 『ミュージックバンク』で初カムバック舞台を終えた後、パフォーマンス帝王という修飾語にふさわしい舞台で出演する放送ごとに話題を呼び起こしている。

今回の舞台では特にハルクダンス、ヨントゥルイムダンスなどの舞台衣装を利用して錯視効果を呼び起こす独特のパフォーマンスで注目を集めている。

 

 

最近歌謡界に新人グループが大挙殺到している中で、彼らに満足していない音楽ファンたちの寂しさを東方神起が満たしているという評価だ。

長年の内攻を介して鍛えられた老練味とパワーなどからは後輩たちが絶対に追いつくことができない強力なフォースが発散されて、なぜ東方神起がすごいグループとして評価されているかを如実に感じさせている。

この日東方神起はオールバックのヘアスタイルで男性美を浮上させ、高級な感じのキラキラスーツと長身でないと消化することができない青いスーツ二種類の衣装で舞台を交差させて華やかさを生かした。

特にイントロ部分では、ユノ·ユンホが火、チェガン·チャンミンを水のイメージとリンクさせたホログラム効果が加わり、東方神起の舞台をより一層輝かせた。

 

一方この日の『人気歌謡』には、東方神起、G-DRAGON、ガイン、ティアラ、イ·ソクフン、シークレット、FTアイランド、マイティマウス、オレンジキャラメル、ビッグスター、フィフティーンアンド、スピカ、ラニア、BTOB、百パーセント、ミスターミスターなどが出演した。

 

(写真= SBS 『人気歌謡』のキャプチャ)




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ