超新星、カムバックするやいなやアルバムチャートで1位。男性アイドルの競争が激化

超新星が韓国でカムバックしてアルバムチャートで一位を獲得

 



超新星の新曲『嵐の中へ(She’s Gone)』がカムバックと同時にアルバム販売チャート1位に上がった。

8月9日午前に公開された超新星のシングル『嵐の中へ』は、リアルタイムアルバム販売量集計サイト『ハンターチャート』で日間販売量1位を占めた。

超新星がアルバム販売でトップに立ったのは、スーパージュニアをはじめ、ビースト、TEENTOPなどそうそうたるアイドルグループの間で成し遂げた成果なのでさらに注目されている。

 

 

超新星の新曲は、作曲チームの『栄光の顔』の作品で洗練された中毒性の強いシンセサウンドと感性を刺激する他のラインが絶妙に交わったコアポップ-ダンス曲で、フォアマンの『できなくて』、ダルシャーベットの『HIT U』等この頃真っ最中で株を上げているミン・ヨンジェが作詞に参加して超新星メンバーのセクシーさとカリスマを最大化させたことが分かった。

超新星は9日、ソンジェの足首の負傷にもかかわらず、Mnet 『Mカウントダウン』で新曲『嵐の中へ』でレッドカラーのミリタリールックで登場して爆発的な男性美と強烈なパフォーマンスで視聴者たちと音楽ファンたちの目と耳を満足させた。

 

一方超新星は去る4月、ファンミーティングDVD 『 For You』で東方神起、KARAに続き、国内歌手では三番目に日本オリコンDVDウィークリー総合ランキングで1位を占めたのに続き、2年ぶりに韓国にカムバックして発表したシングル『Stupid Love』を日本でも発表し、オリコンデイリーチャート4位、ウィークリーチャート10位に上げてK-POPスターとしての地位を確立した。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ