ウララセッション先行公開曲は”肥料”パク·スンイル自作曲”約束の歌”

ウララセッションの先行公開曲が決まった。

ウララセッションは、6月27日発売のミニアルバム”MEMORY”本格発売に先駆けて収録曲である’肥料’を6月20日正午、オンライン音源サイトを通じて先行公開する。


先行公開曲”肥料’公開について所属事務所ウララカンパニーは、 “20日に公開される肥料”は、ウララセッションの人生の目標である世界に希望を伝える基礎になりたい気持ちを表現した曲だから先行公開を決めた”と先行公開の背景を説明した。


ulala-130620


肥料は、メンバーのパク·スンイルが直接作詞作曲したアコースティック·サウンドと壮大なストーリングアレンジが加えられたデュオハーモニー、そこにこれらの独自の信仰を表現しようとゴスペル的な要素を加味した巨大なスケールの曲だ。

これにより、ウララセッションは、自分たちが見せてくれた今までの姿のように世界での一筋の光になろうと希望的なメッセージを込めた感性的な曲だ。


一方、ウララセッションは、 “メンバー各自の信仰の話で、私たちがいつも心の中に抱いていた抱負と希望を歌った最初のアルバムを開始する決意にも似た曲だ”と所感を伝えた。

1年ぶりに帰ってきたウララセッションは、6月27日、ミニアルバムのリリースを控えてアルバム発売当日の午後9時、弘益大学路アートセンターで新曲発表ショーケースを行う。


一方、ウララセッションのショーケースは、ポータルサイトのネイバーミュジクルルリアルタイムで現場生中継される予定だ。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ