2013年のアメリカK-POPランキングは?「PSYなどのYG勢が独占」

YGが2013年にアメリカのKポップスでは最も多く売れた。

YGエンターテイメント所属歌手とこれらが発表された音源が、米国で最も音源販売量の高いKポップのランキングを総なめにした。


最近、米国のビルボードオンラインのニュースは’ 2013年に米国で最も高い販売量を記録したKポップの歌(2013’s Biggest-Selling K-Pop Songs in America)」ランキングを発表した。

10位以内にYG所属歌手たちの歌が7曲やランクされて視線を集めている。

yg-131221



1位と2位はそれぞれ、サイの「江南スタイル」と「ジェントルマン」、3位はビッグバン「ファンタスティック·ベイビー」、6位は2NE1「私が一番いけてる」、7位にCL「悪い男」、8位サイ「〜初恋〜ナウ」、10位2NE1「フォーリン·イン·ラブ」が占めた。

特に「江南スタイル」、「ファンタスティック·ベイビー」、「私が一番イケテル」、「ライトナウ」のように、今年発表された曲ではなく、1〜2年前に発表された曲が依然として高い販売量を占めており、視線を集めている。

ビッグバンの「ファンタスティック·ベイビー」は、国際的歌手としての地位を確立したサイの歌を除けば、最も高い順位に上がった。

ビルボードは、これは「昨年発売された曲にもかかわらず、米国のリスナーが最も理解しやすい曲に選ばれ、今年発売された新曲を抜いて3位を占めた」と注目した。


一方、YGのアーティストのほか、少女時代「I GOT A BOY」が4位、エキソ「うなり声」が5位、エキソ「狼と美女」が9位を占めTOP10をYGとSMが独占したことを確認することができる。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ