ユンナがプロ野球応援歌を歌う ‘MVP’のムービーにまで直接登場

ユンナが歌うプロ野球応援歌が公開されている。

エントリーブソフト(代表キム·ジュンヨン)は、5月6日エレクトロニック·アーツ(Electronic Arts Inc。、以下EA)の実写型オンライン野球ゲーム “MVPベースボールオンライン(MVP Baseball Online) ‘の広報大使ユンナが作成したプロ野球の応援歌” MVP “のミュージックビデオを発表したと明らかにした。


プロ野球の応援歌 “MVP”はユンナの既存のヒット曲 “パスワード486″、 “彗星”のようにのユンナ特有のクールでパワフルな音色を感じることができる楽しい曲。

去る25日進行された大規模なアップデートを通じてゲーム内に挿入されて利用者の間で話題になった。 “MVP”の音源は、ホームページからダウンロードすることができる。

これとともに、利用者の参加で制作されたミュージックビデオも公開。

ユンナが利用者に野球に関連する写真や動画を直接電子メールで送ってもらいミュージックビデオ制作に反映し、進捗状況をホームページに更新した。

また、自分の認証ショットとインタビュー映像を公開して応援歌製作に積極的な姿を見せた。

yunna-130506


“MVP”のミュージックビデオは、ユンナの録音作業現場の利用者が送ってきた野球の思い出が詰まった写真や映像を中心に制作された。

今回のミュージックビデオは、ユンナのクールな歌唱力と一緒に野球への情熱を感じることができ、熱い呼応を得ているようだ。

ミュージックビデオは、ホームページで誰でも鑑賞することができる。

エントリーブソフトMVPベースボールオンラインビジネスチームのジョ・ウンギチーム長は “ユンナさんが積極的に利用者とのコミュニケーションをいただき、多くの利用者が参加してくれた”とし、 “野球場の応援熱気がこもった姿、マスコット人形と一緒に写真など野球関連思い出がミュージックビデオに盛られており、利用者が一緒に韓国プロ野球の応援をするという点で意味深いと思う “と話した。

“MVPベースボールオンライン”は、スポーツゲーム名家EA SPORTS “MVPベースボールシリーズ”をベースにEAソウルのスタジオで、国内のオンラインゲーム市場に合わせて韓国プロ野球ライセンスを反映して新たに開発したEA初のオンライン野球ゲームです。

公開サービス二日で最高同時接続者1万5000人を超え、実写野球ゲームの代表走者で位置づけた。

“MVPベースボールオンライン”はエントリーブソフトのゲームポータル “ゲームツリー”を介してサービスされてゲームの情報は公式ホームページで確認することができる。


ソース:http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201305061806522210&code=100200




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ